埼玉県久喜市・幸手市で鍼灸院をお探しの方

自律神経失調症専門おかだ鍼灸院 

                  久喜駅から車で15分・幸手駅から徒歩15分

受付対応
8:00~18:00 土曜12:00迄
営業時間
平 日 午前 8:30~12:00
    午後 2:00~ 6:00
土曜日 午前 8:30~12:00
定休日
土曜日午後・日曜日・祝日

完全予約制の鍼灸院 

新規の方は、限定1日3名迄

0480-53-3671
鍼灸一筋のひとり言

逆子を改善するツボを知っていますか?

【筆者】岡田 匡史(鍼灸師)

逆子のエピソード

【逆子】

更新日)令和元年12月13日(金)

 

私(鍼灸師)には、三歳離れた姉がいます。その姉には、二人の女の子と一人の男の子がいます。

 

その三人の子供の内、二人が逆子でした。

 

最初に逆子を戻したのは、今から17年ぐらい前の事です。その当時は、私も鍼灸の免許を取って数年経ったばかりで、知識も少なく・経験もありません。

 

そんな私が、逆子を戻すたために使ったツボは、「至陰(しいん)」でした。

 

なぜ、そのツボを使ったのかというと、逆子には至陰という頭の中の方程式しかなかったからです。

 

逆子 = 至陰(しいん)

 

私は、姉の小指(至陰)に、もぐさを捻ってお灸を5~7壮程すえました。

 

すると、姉は「今、お腹が動いた!」と教えてくれました。私は、心の中で「そんなすぐに変化があるものなのかな?」と、思いましたが、後日、姉が産婦人科で検査してもらったところ、正常の位置に戻っていました。これが、一番上の女の子の時です。

 

次に、逆子だと分かったのは、3人目の男の子の時でした。

今回も、前回と同じく至陰(しいん)のツボで、上手く戻るだろうと私は、思っていました。

 

しかし、前回と同じように至陰にお灸をしても、姉が「お腹が動いた!」と、言うことはありませんでした。

 

案の定、産婦人科で検査をしてもらっても、逆子のままでした。

 

その後も、同じ事を繰り返しましたが、前回のようにうまく行きません。

 

しかし、ある時、ひらめきが起こりました。「腰にお灸をしてみたらどうだろうか?」と。

 

私は、さっそく姉の腰(ツボ)に、棒灸と呼ばれる温かいお灸をしました。

 

すると、姉は、「お腹が動いた!」と言ってくれました。産婦人科で再び検査してもらうと、正常の位置に戻っていたという事がありました。

 

なぜ、腰のお灸が功を奏したのかは、後年わかりました。

 

最近(2018年9月24日)では、NHKでも東洋医学を紹介する番組(東洋医学 ホントのチカラ ~科学で迫る鍼灸・漢方・ヨガ~)で、逆子の鍼灸施術が行われていました。

 

この時に使っていた「ツボ」は、三陰交(さんいんこう)と呼ばれるツボでした。

 

三陰交に鍼をすると、赤ちゃんが動きだすエコー画像も紹介されていました。

 

このように、逆子は、「至陰」や「三陰交」のツボを使って、正常の位置に戻る事が良くあるのです。

逆子を改善するツボは、どこ?(至陰編)

逆子を改善するツボがどこにあるのかというと、足の小指にあります。

 

鍼灸師の教科書である【経絡経穴概論】によると、

至陰(しいん)は、「足の第5指外側爪甲根部、爪甲の角を去ること一分に取る」と書かれています。

 

どこにツボがあるのか、イメージが湧かないと思うので、下記の図を参考にして下さい。

逆子を改善するツボ①(至陰)
逆子を改善するツボ②(至陰)

小指の外側爪甲根部の横に取穴する

逆子のツボを検索すると、「至陰」について書かれているサイトが出てききますが、どちら(右または左)の至陰に、お灸をすれば良いのか、書かれているものが少ないです。

 

逆子を改善するには、右の「至陰」をお勧めします。

 

この理由を簡単にお伝えすると、

人間の体には、経絡というものがあり、そこに気・血が流れます。例えていうなら、川のようなものです。山から出た湧き水から始まり、だんだんと水が多くなり川となって、海までつながっているようなイメージです。

そして、右の小指を通る経絡(川)は、足の太陽膀胱経と呼ばれる経絡(川)が通っており、足の少陰腎経につながります。そして、その経絡(川)は、右の腎臓(命門)とつながるのです。

 

至陰にお灸をすると、経絡でつながっているので右腎(命門)を活性化させます。命の門と呼ばれるぐらいですから、ここがとても重要な所だという事は、何となく一般の方にも分かるかと思います。

 

また、【鍼灸治療基礎学(医道の日本社)】にも、

難産に著効あり。また、胎児の位置不良を治す(右の方が良く効く)と書かれています。

 

このような理由から、逆子を改善する場合は、「右至陰」が重要という事です。

 

【参考文献】

  • 経絡経穴概論(医道の日本社)
  • 鍼灸治療基礎学(医道の日本社)

プロフィール

岡田匡史(おかだまさし)
1978年生まれ
経歴

1日400人以上来院する整形外科・都内の鍼灸整骨院で鍼灸の施術とリハビリを担当する。

取得国家資格

・はり師
・きゅう師
・あん摩マッサージ指圧師
・柔道整復師