埼玉県久喜市・白岡市・幸手市で鍼灸院をお探しの方

自律神経失調症専門おかだ鍼灸院 

   久喜駅から車で15分・新白岡駅から車で20分・幸手駅から徒歩15分

受付対応
8:00~18:00 土曜12:00迄
営業時間
平 日 午前 8:30~12:30
    午後 2:00~ 6:30
土曜日 午前 8:30~13:00
定休日
土曜日午後・日曜日・祝日

完全予約制の鍼灸院 

新規の方は、限定1日3名迄

0480-53-3671

免疫力の低下は、万病のもと

【筆者】岡田 匡史(鍼灸師)

免疫力の低下は、万病のもと

【免疫力が弱い人】

“風邪は万病のもと”と言われるように、免疫力の低下はさまざまな病気を引き起こします。

 

おかだ鍼灸院で言っている免疫力の低下というのは、口蓋扁桃炎(扁桃の弱り)の事です。

 

口蓋扁桃というのは、風邪を引くと腫れてくる扁桃腺です。腫れてしまうと、唾を飲み込んでも、食べ物を食べても痛いですよね。そこの場所です。

 

扁桃は、リンパ組織の集まりで、抗体を作って空気中のウイルス・細菌などから身体を守っています。

 

この扁桃が弱ってしまうと、ウイルス・細菌などの毒素・菌体成分が身体に入って、これが抗原となり、抗原抗体反応が起こり扁桃から離れた所で二次疾患を引き起こすと考えられます。

 

これを「扁桃病巣感染症」と言います。

 

患者さんの中には、「私は風邪を引いていないし、喉も痛くないから大丈夫」と思っている人がいますが、扁桃が原因となって病気を引き起こしている可能性があります。

 

なぜなら、「扁桃自体は、ほとんど無症状か、軽い痛みや違和感がある程度であるが、それが原因となって扁桃から離れ臓器(皮膚・関節・腎臓)に引き起こされる疾患」とあるからです。

 

おかだ鍼灸院では、“扁桃病巣感染症”の考えを重視しています。診察の際は、必ず免疫力の低下(口蓋扁桃炎)をツボと腹診でチェックし反応のある場合は、免疫力を高める鍼灸をおこないます。また、患者さんにも自宅でお灸をおこなってもらう場合があります。

免疫力の低下から起こる疾患

おかだ鍼灸院に来院される、めまい・頭痛・胃腸の不調・肩こり・腰痛・坐骨神経痛・変形性膝関節症を訴える方を脈診・腹診・ツボの反応を調べると免疫力の低下(慢性口蓋扁桃炎)がある方がほとんどです。

 

扁桃病巣感染症」の影響を受けている身体の状態

  1. 全身倦怠感
  2. 肩こり・五十肩様の痛み
  3. 食欲不振・むかつき・腹痛
  4. 腎炎
  5. リウマチ性関節炎
  6. 慢性湿疹
  7. 慢性蕁麻疹
  8. 慢性微熱
  9. 不眠・イライラ
  10. ほてり・冷え等の血管運動失調
  11. 腰痛・神経痛・頭痛・頭重・関節痛・めまい・耳鳴り

その他、さまざまな病気と関係があります。「免疫力の低下(扁桃の弱り)が、万病のもとになる」と言うのは、この為です。

 

このような免疫力の低下が起きている状態の時に、さらに瘀血(血流が悪くなっている)があると深刻です。 免疫力の低下から起こった病気が慢性化し、改善しにくい状態になっています。

 

このような時は、免疫力を高めて・血流を良くする鍼灸をすると、体調が改善に向かいます。

【参考図書】

・鍼灸臨床 新治療法の探求(医道の日本社)

プロフィール

岡田匡史(おかだまさし)
1978年生まれ
経歴

1日400人以上来院する整形外科・都内の鍼灸整骨院で鍼灸の施術とリハビリを担当する。

取得国家資格

・はり師
・きゅう師
・あん摩マッサージ指圧師
・柔道整復師