埼玉県久喜市・白岡市・幸手市で鍼灸院をお探しの方
更年期・めまい・頭痛・不妊

自律神経失調症専門おかだ鍼灸院 

   久喜駅から車で15分・新白岡駅から車で20分・幸手駅から徒歩15分

受付対応
8:00~18:00 土曜12:00迄
営業時間
平 日 午前 8:30~12:30
    午後 2:00~ 6:30
土曜日 午前 8:30~13:00
定休日
土曜日午後・日曜日・祝日

完全予約制の鍼灸院 

新規の方は、限定1日3名迄

0480-53-3671
鍼灸一筋の独り言(ブログ)

知らないの?「生理痛」のツボはココです!

【筆者】岡田 匡史(鍼灸師)

生理痛とツボ

生理痛を改善するツボ

更新日)平成30年12月10日

 

あなたは、生理痛(月経痛)でお困りの方ですか?

 

もし、生理痛が起きやすい方なら朗報です。

 

本日は、生理痛が起こる「原因」と改善する「ツボ」がどこにあるのか?お伝えしていきます。

 

生理痛の原因は?

あなたは、生理痛がなぜ起こるのか知っていますか?

 

女性の場合は、約一か月の間隔で子宮内膜から周期的な出血が起こります。これが月経(生理)です。

 

この時、子宮内膜では卵胞から分泌される「エストロゲン」の作用によって、子宮内膜が厚くなります。

 

そして、排卵した卵胞は黄体となり、主に「プロゲステロン」を分泌します。このプロゲステロンは、子宮内膜を着床に適した状態にします。

 

その後、妊娠が成立しないとエストロゲン・プロゲステロンの減少により、子宮内膜が剥がれ月経(生理)が起こります。

 

そして、

なぜ?生理痛が起こるのかというと、「プロスタグランジン」が影響すると言われいます。

 

このプロスタグランジンは、プロゲステロンによって調節され黄体期・月経期に一番多くなります。

 

そして、このプロスタグランジンには、子宮筋を収縮させる働きがあり、子宮内のいらないものを押し出す働きがあるのです。

 

この影響により、「生理痛」が起こると言われています。

ツボは、どこにある?

生理痛で使うツボには、「三陰交」と呼ばれる有名なツボがあります。これが、どこの場所にあるのかというと、下腿の内側にあります。

 

下腿の内側のどの辺りにあるかというと、あなたの内くるぶしを見てください。内くるぶしから、あなたの手指(人指し指から小指)幅の四本分上にあります。

 

更に、細かい場所を伝えると、あなたの脛(すね)の骨と肉の境目付近です。この付近で凹んでいるところ、または、押して痛い所にが生理痛を改善するツボの「三陰交」になります。

 

この三陰交にお灸をすると良いでしょう。(ツボの取り方は、下記の図を参考にして下さい)

生理痛を改善するツボ

【お灸のポイント!】

初めてお灸をする方は、「台座灸」と呼ばれるタイプのお灸が良いです。

このタイプのお灸は、後ろに両面テープがついているので、皮膚にしっかりと付きます。

また、お灸には、温かく感じるタイプから、熱く感じるタイプもあります。

最初は、温度が低めのタイプを選ぶと良いでしょう。

 

なぜなら、肌の弱い方は、水膨れになってしまう場合があるからです。

注意事項

生理痛は、子宮内膜症・子宮筋腫・子宮腺筋症・骨盤内炎症などの疾患から起こります。長引く場合は、婦人科で診てもらいましょう。

 

特に疾患のない生理痛の方の場合は、三陰交のツボで改善する事が多いです。

【参考図書】

・経絡経穴概論(医道の日本社)

・臨床家のための基礎からわかる病態生理学(医道の日本社)

・超旋刺と臨床のツボ(医道の日本社)

プロフィール

岡田匡史(おかだまさし)
1978年生まれ
経歴

1日400人以上来院する整形外科・都内の鍼灸整骨院で鍼灸の施術とリハビリを担当する。

取得国家資格

・はり師
・きゅう師
・あん摩マッサージ指圧師
・柔道整復師