埼玉県久喜市・白岡市・幸手市で鍼灸院をお探しの方

自律神経失調症専門おかだ鍼灸院 

   久喜駅から車で15分・新白岡駅から車で20分・幸手駅から徒歩15分

受付対応
8:00~18:00 土曜12:00迄
営業時間
平 日 午前 8:30~12:30
    午後 2:00~ 6:30
土曜日 午前 8:30~13:00
定休日
土曜日午後・日曜日・祝日

完全予約制の鍼灸院 

新規の方は、限定1日3名迄

0480-53-3671

必見!腰痛と鍼灸治療

腰痛の回復に鍼灸が役立ちます!
【筆者】岡田 匡史(鍼灸師)

このようなお悩みは、ありませんか?

  • 仕事の疲れで腰痛を起こしやすい
  • もともと腰が悪く腰椎椎間板ヘルニアを持っている
  • 病院へ行ったけれど、「注射」か「痛み止め」を処方されるだけなので、行きたくない
  • 湿布を貼っても一時的な感じがする
  • 人間関係のストレスもあり、自律神経の乱れのせいか体調も悪い
  • 元気で毎日を過ごしたい
  • 腰が弱いので、信頼できる鍼灸院で予防をしていきたい

このような「腰痛」でお悩みの方は、おかだ鍼灸院にお任せ下さい

腰痛を引き起こす疾患

筋・筋膜性腰痛

筋筋膜性腰痛とは、筋肉に由来する腰痛です。

 

重い物を持ち上げ時や、ゴルフでスイングをした時のように捻じれる力が加わった時に、腰の筋肉を傷めます。

 

この腰痛では、受傷直後に痛みを生じますが、徐々に痛みがひどくなる場合があります。

 

おかだ鍼灸院に来られた方の中にも、「最初は、たいして痛くなかったんだけれど、徐々に痛くなって動けなくなってしまった!」という方がいました。

 

 

これらは、急性筋筋膜性腰痛です。いわゆる、「ぎっくり腰」の一つです。

 

痛む場所は、主にウエストより上の方に現れる事が多いです。稀に、臀部などに痛みを生じる場合もあります。これが、筋筋膜性腰痛の特徴です。

 

【筋・筋膜性腰痛】

その他、肉体労働や同じ姿勢でいると、腰が痛くなる事があります。これは、筋肉に持続的な緊張が続き、血流も悪くなって酸素の欠乏・疲労物質の蓄積が起こっている為です。

 

これらの影響により、慢性的な腰痛で悩まされている方も少なくないでしょう。

これが、慢性筋筋膜性腰痛です。

 

痛む場所は、急性の筋筋膜性腰痛と同じく、主にウエストより上の方に現れます。臀部に痛みを生じる事もあります。

椎間関節性腰痛

椎間関節性腰痛とは、背骨と背骨の間で構成される関節です。この関節には、関節包と呼ばれる関節を包む袋があります。

 

この関節に急激な力が加わると、関節を包む袋が引き伸ばされてしまい「炎症」・「出血」・「断裂」などを引き起こします。

 

これらは、筋筋膜性腰痛と同じく、重い物を持ち上げたり・ゴルフのスイングのように急に腰を捻じると発症します。

 

この椎間関節腰痛も鍼灸院に良く訪れる「ぎっくり腰」の一つです。

 

この関節は、中高年になってくると、関節の変形が起きて関節の適合性が悪くなります。そうすると、関節を包んでいる袋(関節包)に負担がかかり、厚くなると同時に弾力を失います。

 

そうすると、はっきりした誘因もないのに、腰痛を起こす事があるのです。

 

椎間関節性腰痛の特徴は、主に「ウエストライン」に痛みを生じる事です。

【椎間関節性腰痛】
棘間靭帯・棘上靭帯の損傷(スプラング・バック)
【スプラング・バック】

時々、ぎっくり腰を起こす方の中に、「背骨の真ん中が痛い!」と訴える方がいます。

これは、背骨の上を覆う「靭帯」や、背骨と背骨をつなぎ合わせる「靭帯」を痛めたからです。

 

この靭帯を損傷させる誘因としては、「急に腰を曲げたり」・「捻ったり」する事です。この動作により、靭帯が引き伸ばされて痛めてしまいます。

 

スプラングバックの痛みの特徴は、腰の「真ん中」に痛みを生じます。その為、背骨が痛いように感じます。

 

変形性腰椎症
【変形性腰椎症】

中高年になって、腰に痛みを生じるようになり、病院や整形外科でレントゲンを撮ってもらうと、たいてい腰に変形(骨棘)があると言われます。

 

そして、腰骨の変形以外に異常が見当たらない場合は、「変形性腰椎症」と診断される事が多いです。

 

でも、心配は入りません。

 

 

レントゲンによる腰の変形(骨棘)は、50歳代で90%、女性では、80%もこの所見(骨棘)があると言われています

 

これらの事を考えると、腰の痛みを感じていない方の中に腰の変形(骨棘)があるという事です。

 

骨の変形以外にも、腰痛を引き起こす原因があるという事です。

 

その原因が、レントゲンで写らないだけであって、筋肉による腰痛(慢性の筋筋膜性腰痛)だったりするのです。

姿勢性腰痛
【姿勢性腰痛】

腰の鈍痛や重苦しさを訴える腰痛に「姿勢性腰痛」があります。

 

これは、不良姿勢によって持続的に筋緊張を生じさせ、筋疲労を招く事により起こります。この生活習慣が改善されないと、筋肉が拘縮といって固まってしまうのです。

 

そうすると、背中のあたりが盛り上がり、腰の部分が反ってしまう姿勢が作られます。

 

おかだ鍼灸院に腰痛で来られた方の中にも、「姿勢性腰痛」の方がいます。

 

若い時は腰痛がなかったのに、最近では腰が重かったり・つっぱり感が起きるようになったと聞きました。

 

以前、整形外科でレントゲンを撮ってもらうと、「腰の変形が少しあるよ」と言われたそうです。

 

この方の腰痛の原因を日常生活から探ると、座椅子による「不良姿勢」と考えられました。

 

座椅子では、足を投げ出した状態になってしまうので、腰の彎曲が作れずに丸くなってしまいます。

 

その姿勢だと、腰の筋肉に持続的な緊張が続き、習慣化されると筋肉が固まってしまうのです。

 

姿勢性腰痛の特徴は、日常生活の不良姿勢が影響し、「腰部の倦怠感」・「つっぱり感」・「持続性鈍痛」などの症状を現します。

脊椎すべり症
【脊椎すべり症】

脊椎すべり症は、背骨が正常の位置から前方に移動している状態をいいます。そして、「分離すべり症」と「仮性すべり症」の二つがあります。

 

■分離すべり症は、10歳から15歳の骨格が未発達な成長期に起こります。原因は、疲労骨折です。スポーツを行っていないものより、発生頻度が3倍以上といわれます。

 

■仮性すべり症は、中年以降の女性に多くみられます。これは、腰椎の不安定性が原因で起こります。腰椎が前方に移動する事により、椎間関節に負担がかかり腰痛を引き起こします。

脊椎圧迫骨折
【脊椎圧迫骨折】

脊椎圧迫骨折は、高齢の女性に多くみられます。

 

閉経後の女性は、卵巣からの女性ホルモンの分泌が消失します。女性ホルモンは、骨の代謝に関係するので骨密度が低下するのです。

 

骨密度が低下すると、骨はスカスカになり脆くなっています。このような時は、骨折を起こしやすいのです。

 

おかだ鍼灸院に来られた高齢女性の中には、洗濯物を干そうと背筋を伸ばしたら腰が痛くなった方がいました。

 

私は、圧迫骨折の疑いを感じたので、背骨の上を軽く叩く(テスト法を行う)と強い痛みを生じました。これは、圧迫骨折を疑う反応です。

 

その後、病院に行ってもらうと、「圧迫骨折」と診断されました。

 

このように、「骨粗しょう症」がある方は、簡単な日常生活で骨折を起こすのです。

 

どのような時に起こりやすいかというと、

爪を切ろうとして前屈した時靴下を履く時ふとんの上で尻もちをついた時などに起こりやすいです。

 

また、高齢の方で揉みのマッサージが好きな方は、注意が必要です。

腰痛の注意事項

ぎっくり腰になった場合(急性腰痛)

ぎっくり腰になった直後の注意点は、

  • カイロで温めない
  • マッサージをしない
  • アルコールを飲まない
  • お風呂に入らない

 

これらに注意する理由としては、ぎっくり腰の病態に関係します。

 

ぎっくり腰は、筋(すじ)や関節に微細な損傷が加わっていると考えられています。その場所をマッサージしてしまうと、損傷を悪化させます。

 

また、患部に炎症があるのに、温めたり・アルコールを服用すると血行が良くなり過ぎます。そうすると、炎症を助長し悪化につながるのです。この点に気をつけましょう。

ぎっくり腰(急性腰痛)の対処方法

■安静にする

楽な姿勢で安静を保ちます。ぎっくり腰であれば、しばらく安静にしていると、痛みは徐々に軽くなります。横向きに膝を曲げて寝たり・仰向けで寝る場合は、膝下に枕を入れると楽な場合が多いです。

■患部を冷やす

冷たいタオルを当てたり・湿布を貼って様子をみます。

 

 

※何日も痛みの軽減がなければ、病院や鍼灸院でみてもらいましょう。

【参考図書】

・診察法と治療法(出端昭男)・・医道の日本

腰痛を緩和させるツボ

【腰痛緩和のツボ】
ぎっくり腰には、委中(いちゅう)

ぎっくり腰になって、前屈・後屈が辛い場合にお勧めのツボがあります。

 

それは、「委中(いちゅう)」と呼ばれるツボです。

 

鍼灸では、【腰背は委中に求む】という言葉があります。腰や背中に問題がある時は、このツボを使うと良いという事です。

 

この委中は、膝裏の真ん中にあります。

膝を軽く曲げて、このツボを軽くマッサージをしてあげると、腰の筋肉が緩み腰痛の緩和をもたらします。

 

※ぎっくり腰では、患部を揉んではいけません。

【ポイント】

委中をマッサージする時は、軽い刺激で行う事です。時間は、1~2分程度で良いでしょう。注意点は、強い刺激でマッサージをすると、膝裏に違和感をもたらします。

【参考図書】

・経絡経穴概論(社団法人東洋療法学校協会編)・・・医道の日本社

腰痛の鍼灸治療

鍼灸治療は、「痛み止めの注射」とは異なります。

 

腰が痛ければ、腰に鍼をすればよいというわけではありません。

 

なぜなら、根本から体の回復を目指す施術だからです。

 

大切な事は、あなたの回復を阻害する「本当の原因」を見つける事です。

 

それには、東洋医学による脈診・腹診・全身のツボの反応から、あなたの回復を妨げる原因を見つけるのです。

 

例えば、自律神経の乱れによって、交感神経がいつも興奮しているようであれば、血管が収縮して血液の流れが悪くなっています。

 

そうすると、それが原因となって腰痛を発症する事もあるし、回復を妨げる原因にもなるのです。

 

そのような場合は、自律神経の乱れを整るツボに「はり」や「お灸」を行います。

 

そうすると、副交感神経が興奮して、身体がリラックスの状態に導かれます。

 

身体がリラックスしてくると、血流も良くなり筋肉の痛みが改善されてくるといった具合です。

 

あなたが、「痛み止めの副作用で胃痛が起きたり、その影響で食欲がなくなり痩せてしまったり」・「湿布を貼るとかぶれてしまったり」・「マッサージを受けても腰痛の改善がみられない」のであれば、体の根本から変えて行く方法が近道と考えます。

腰痛の症例をご紹介

【40代男性】
二か月程前から続く、慢性腰痛

二カ月程前に腰痛を発症し、激痛の為、仕事を三週間お休みする。その間、整形外科で痛み止めを処方されるが無効。他の鍼灸院・整体院でも治療を受けるが効果を感じない。

現在の症状は、前屈時の疼痛と右回旋時の痛みがある。

慢性腰痛の方に一言

おかだ鍼灸院に腰痛で来られる方は、重い物を持ち上げたり・腰を捻ったり・中腰になった際に痛めた「ぎっくり腰(急性腰痛)」か、「慢性腰痛」でお悩みの方が来られています。

 

慢性腰痛で来られている方のの多くは、

  • 仕事の疲労で慢性的に腰痛を持っている
  • 腰椎椎間板ヘルニア持ちで、腰が弱い
  • 趣味やスポーツで腰痛になりやすい

これらの方が、腰痛の回復と予防で来られています。

 

最初は、「腰を曲げると痛い!」・「立ち上がると痛い!」・「片方の足がしびれるを感じる!」・「年に何回もぎっくり腰をやる」と言っていた方も、

「以前よりも痛みが楽になった」・「しびれが減った」・「ぎっくり腰になりにくくなった」などのお話をお聞きします。

 

 

仕事の疲労で慢性的に腰痛を持っている方・腰椎椎間板ヘルニア持ちで、腰が弱い方などは、鍼灸で予防をしておくと、「毎日を元気に過ごせる」と思います。

 

おかだ鍼灸院は、完全予約制です!

《予約について》
おかだ鍼灸院では、施術の質を落とさない為に新規の方は、一日限定3名になります。
また、一日に診られる患者さまには、限りがあります。早めにご連絡ください。

《ご予約方法》
担当者が「おかだ鍼灸院・おかだ接骨院です」と電話にでます。
そうしましたら、
予約を取りたいのですが」、とおっしゃって下さい。

 

0480-53-3671
受付対応

平日8:00~18:00迄(土曜日12:00迄)

上記の時間帯で、電話予約の受付対応をしております。

 営業時間
【平日】 
 8:30~12:30 
14:00~18:30

【土曜日】 
8:30~13:00
 
休診日

土曜日午後・日曜日・祝日

初めての方は、
こちらをご覧ください!

プロフィール

岡田匡史(おかだまさし)
1978年生まれ
経歴

1日400人以上来院する整形外科・都内の鍼灸整骨院で鍼灸の施術とリハビリを担当する。

取得国家資格

・はり師
・きゅう師
・あん摩マッサージ指圧師
・柔道整復師

アクセス

おかだ鍼灸院のご案内
住所
埼玉県幸手市中4−18−16
 
近隣からのアクセス時間
久喜市(駅)から車で15分
新白岡(駅)から車で20分
 
専用駐車場2台有り
①・②に駐車できます