埼玉県久喜市・白岡市・幸手市で鍼灸院をお探しの方
更年期・めまい・頭痛・不妊

自律神経失調症専門おかだ鍼灸院

     久喜駅から車で15分 ・新白岡駅から車で20分 ・幸手駅から徒歩15分 

受付時間
8:00~18:00 土曜12:00迄
診療時間
平 日 午前 8:30~12:30
    午後 2:00~ 6:30
土曜日 午前 8:30~13:00
定休日
土曜日午後・日曜日・祝日

完全予約制の鍼灸院 

新規の方は、限定1日3名迄

0480-53-3671

《めまい・ふらつき》
鍼灸で改善することを知ってますか?

次のような事でお悩みですか?

眩暈(めまい)
  • 病院で脳や耳に異常はないと言われたが、眩暈(めまい)がする
  • 天井がグルグル回るように見える
  • クラクラなどふらつき感がある
  • 肩こり・首の凝りがある
  • めまいで車の運転が心配
  • 薬を服用しているが眩暈(めまい)が改善しない
  • 自律神経の乱れがあると医者から言われる

眩暈(めまい)・ふらつきでお悩みの方は、埼玉県幸手市のおかだ鍼灸院がサポート致します!

めまいの原因を大きく二つに分けると


 

♦中枢性の「めまい」

脳(脳幹・小脳)に問題があります。

「動脈硬化」や「腫瘍」による危険な眩暈(めまい)です。

物が二重に見える・ろれつが回らないなどの症状も出る

 

♦末梢性の「めまい」

耳(内耳)に問題があります。

前庭・三半規管と呼ばれる平衡感覚と関係があるところに障害があります。

眩暈(めまい)の種類

めまいは、人それぞれ同じ状態ではありません。めまいの感じ方に違いがあります

 

♦真性めまい

周りの世界がグルグ回っているように感じる回転性のめまいです。

<出やすい疾患>

・良性発作性頭位眩暈症

・メニエール病

・前庭神経炎

・突発性難聴 など

 

♦仮性めまい

フラフラやふわふわする浮動性のめまいです

・脳幹・小脳の血流が悪い・自律神経機能の障害(心因性)などが関係する

・良性発作性頭位眩暈症の回復期 など

 

♦立ちくらみ

急に立ち上がったりすると、血圧が急に下がる為に起こる起立性低血圧によるめまい・ふらつきです

その他、女性に多い貧血高齢者でしょっちゅう起こる場合は、 脳塞の予兆の場合もあります。

眩暈(めまい)を起こす疾患は何ですか?

①メニエール病

メニエール病の特徴としては、「めまい・耳鳴り・難聴」を訴えます。

 

そして、30~50才代の女性に多い傾向があります。

 

めまいは、2~3時間続く事が多いです。(まれに20分ぐらいと短いことや、稀に数日に及ぶ事もあります。)

 

原因は内リンパ水腫だが、なぜそうなるのかは、不明。年々増加傾向食生活の変化心身のストレス環境ホルモンが関与している事が予想されます。

 

ところで、

病院で「メニエール病」と言われる方は多いのですが、実際には、ほとんどいない事を知っていますか?

 

実は、

本当のメニエール病は、10万人に3~4人程度と言われています。それなのに、メニエール病だと言う人が世の中に多いのは、おかしいですよね?

 

ほとんどの方は、「メニエール症候群」の方達です。

 

これは、「メニエールみたいな症状が出ていますよ!」という意味で正式な病名ではありません。

 

患者さんに説明する上で、名前があった方が説明しやすい事と、納得できる為に使われています。

 

②良性発作性頭位眩暈症(BPPV)

回転性のめまい(周囲がグルグル回る)の疾患で、一番多いと言われているのが良性発作性頭位眩暈症です。

 

ほとんどが、40歳以降の中高年に多くみられます。

 

寝返りや頭を上下させる時に「回転性のめまい(周囲がグルグル回る)」が起こります。

 

その眩暈は、だいたい30秒以内で落着きます。長くても一分以内です。

 

原因としては、耳の奥にある前庭の耳石が三半規管に移動したりして起こります。

 

 

③突発性難聴

突然、片側の耳の聞こえが悪くなる病気です。それと同時に、耳鳴りや耳がつまった感じ、めまいや吐き気などを生じることがあります。

 2~3週間で聴力は固定されるので、早期の治療が必要。原因は、不明です。内耳の循環が悪い・ウイルス感染説などがあります。

 

 

④前庭神経炎

風邪などの発症後に起こる事が多い。(ウイルス感染が想定されています)

激しい回転性のめまいが、数日から数週間持続する。

 

 

⑤ハント症候群

水痘・帯状疱疹ヘルペスの感染が原因。

これは、子供の頃の「水ぼうそう」が影響している。治ったように思えるがウイルス

は、神経に潜伏して、ストレスや過労で免疫力が落ちると出てくる

耳の痛み・耳の後ろ側の痛みが起こった後に、耳帯状疱疹が認められる。

その後、顔面神経麻痺が出現する。回転性のメマイや耳鳴り・難聴も起きる

 

 

⑥椎骨脳低動脈循環不全

急に後ろを振り向いたり・天井を見上げたり・床を見たりする動作によってめまいが起こります。 

これは、椎骨動脈と呼ばれる、首から脳へ行く動脈の血流の流れが悪くなると起こります。

首の筋肉が硬い人・生まれつき椎骨動脈が細い人・動脈硬化のある人・老化で首の変形で動脈を圧迫している人などに起こります。

 

薬の副作用でめまい・ふらつきが起こる事もある

薬の副作用

なたは、薬の副作用によって、めまい・ふらつきが起こる事を知っていますか?

 

今日の日本では、成人の約5人に1人が不眠の訴えをもち、約20人に一人が睡眠薬を服用していると言われています。

 

この「睡眠薬」の大半は、ベンゾジアゼピン(BZ)系薬と呼ばれるお薬です。

 

このお薬は、神経活動抑制する作用があるので、不眠を軽減する作用があるのです。

 

また、ベンゾジアゼピン系薬のお薬には、「抗不安薬」もあります。

 

抗不安薬は、精神疾患に伴う「抑うつ」・「不安」・「緊張」・「焦燥」などに用いられます。

 

睡眠薬・抗不安薬のどちらも、ベンゾジアゼピン系薬では、神経活動を抑制する作用があるので、不眠・病的な不安を軽減する効果があるのです。

 

このお薬の副作用には

持ち越し効果と呼ばれるものがあります。これは、薬の効果を期待される期間を超えるため、「めまい・ふらつき」・「体がだるい」・「日中眠い」・「頭が重い」・「集中できない」などの症状があります。

 

また

前向性健忘と呼ばれる副作用もあります。これは、服薬して入眠まので間・途中で目を覚ました事を覚えていない現象の事を言います。

 

例えば

あなたが服薬してから、携帯に電話がかかってきたとします。しかし、次の日に携帯の履歴を見て、「誰かと電話をしていたかな?」と昨日の事を覚えていないような症状が出る事です。

 

その他

ベンゾジアゼピン系薬を長期に服用していると精神依存や離脱症状(頭痛・発汗・振戦・心悸亢進・知覚過敏)などが現れると言われています。

 

「睡眠薬「や「抗不安薬」ばかりでは、ありません。

 

しかすると、あなたも高血圧で降圧剤を服用しているかも知れませんが、この降圧剤の影響によって、めまい・ふらつきが起こる事もあるのです。

 

あなたは、「血圧が高い時に眩暈(めまい)・ふらつきが起こるのでは?」と思うかも知れませんが、降圧剤の影響で血圧が急に下がりめまい・ふらつきが起こる事もあるのです。

 

降圧剤は、他の降圧薬の併用グレープフルーツジュースの飲用により作用を増強する物が多いので注意が必要です。

 

もし、あなたが「睡眠薬」・「抗不安薬」・「降圧剤」を服用しているのならば、これらの影響によって、めまい・ふらつきが起こる事も知っておくと良いでしょう。

 

※薬は、勝手に止めずに、かかりつけの医師・薬剤師さんに相談しましょう。

めまい・ふらつきの根本原因

めまい・ふらつきを起こす疾患はたくさんありますが、その大本となる根本原因は、免疫の異自律神経の異常耳の循環が悪い首の血流が悪いなどがほとんどです。

 

新潟大学大学院医師学総合研究科教授(2013年退職)の安保徹氏によるとメニエール病や突発性難聴もストレスなどによる感神経過緊張によって顆粒球が増えすぎて、炎症を起こし組織を破壊した為とおっしゃられています。(安保徹のやさしい解体新書より)

  

 また、めまい・ふらつき感がある人のほとんどが、首凝り・肩こりを訴える方がほとんどです。

これは、平衡感覚器と首の筋肉の反射によるもので、首や肩が硬くなります。

首の筋肉が硬くなると、脳へ行く血流や内耳へ行く血流が悪くなってしまいます。

なぜ、めまい・ふらつきが改善するのか?

  • 脳への血流が悪い為に起こる「めまい・ふらつき感」には、脳へ行く血流を良くし症状を改善させます。
  • 耳の中の循環が悪い為に起こる「めまい」には、耳への血行を良くし症状を改善させます
  • 自律神経の乱れから起こる「めまい」は、自律神経の乱れを整えて症状を改善させます。
  • 免疫力の低下などで起こるものは、免疫力を高めて症状を改善させていきます
  • 瘀血(おけつ)などで血流が悪くなって症状を起こしている場合は、瘀血の改善するツに鍼灸をして血液循環を改善させます。
  • 肩こり・首こりで筋肉が硬くなって血行が悪い為に起こる「めまい」には、筋肉の凝りを柔らかくし、症状を改善させます。

めまい・ふらつきの鍼灸施術
他の鍼灸院と異なる3つのポイント?

他の「鍼灸整骨院」や「鍼灸院」との違い?

 

◎ポイント1

当院の場合】

臨床経験豊富な鍼灸師の施術を受けられます。

鍼は、使い捨ての鍼を採用しているので安心・安全です。

【他院の場合】

スタッフが数人いるチェーン店の鍼灸整骨院や鍼灸院では、新卒者や施術経験の浅い方を雇っている場合がほとんどです。なぜなら、経験と知識と技術が三拍子そろった人は、いつまでも雇われていません。

また、料金の安い治療院ですと、使い捨ての鍼を使っていないで高圧滅菌をして使う鍼灸院もあります。

 

◎ポイント2

【当院の場合】

東洋医学による特殊な検査方法(脈の状態・お腹の状態・背中のツボ・手足のツボ)により、全身の状態を診ていきます。

この検査により「あなたの体の状態」がわかり、治療方針が決まります。

【他院の場合】   

脈やお腹などを診る検査をしないところが、ほとんどです。

これでは、「あなたの体の状態」がわかりません。 

 

◎ポイント3

【当院の場合】

治療方針が自律神経の乱れからくるものであれば、自律神経を整えるツボに鍼やお灸をおこないます。

それにより、二次的に起こっている眩暈(めまい)が改善・緩和されていきます。

 

【他院の場合】

あなたが辛いと訴えるところに、鍼や灸をしてくれますが、それで良いのでしょうか? 

 

あなたの体の状態を東洋医学で診断し、経験豊富な鍼灸師の施術を求めている方は当院が合うと思います。

もし、あたなが流れ作業のような治療でもいい・痛いところだけに打ってもらえればいい・安ければいいという方であれば、当院の提供しているものと異なりますので、お金と時間を無駄にしないように他院を探してください。

めまい・ふらつきの鍼灸症例

おかだ鍼灸院で施術を受けられた方の、眩暈(めまい)の鍼灸症例を一部ご紹介しております。

《 ご予約方法 》
おかだ鍼灸院は、完全予約制です

《予約について》
おかだ鍼灸院では、施術の質を落とさない為に新規の方は、一日限定3名になります。
また、一日に診られる患者さまには、限りがあります。早めにご連絡ください。

《ご予約方法》
担当者が「おかだ鍼灸院・おかだ接骨院です」と電話にでます。
そうしましたら、
予約を取りたいのですが」、とおっしゃって下さい。

 

0480-53-3671
受付時間

平日8:00~18:00迄(土曜日12:00迄)

上記の時間帯が、電話予約の受付時間になります。

 診療時間 
平日 (午前) 8:30~12:30 
   (午後)14:00~18:30

土曜日(午前) 8:30~13:00
 
休診日

土曜日午後・日曜日・祝日

初めての方は、
こちらをご覧ください!

おかだ鍼灸院 
院長プロフィール

院長:岡田匡史(おかだまさし)
1978年生まれ
経歴

1日400人以上来院する整形外科・都内の鍼灸整骨院で鍼灸の施術とリハビリを担当する。

ブログ最新情報!!
久喜・幸手市の鍼灸専門院
新着情報!

アクセス

0480-53-3671
おかだ鍼灸院のご案内

埼玉県久喜市・白岡市・幸手市で鍼灸院をお探しの方へ!

住所
埼玉県幸手市中4−18−16
幸手駅より徒歩 早歩き10分
       ゆっくり15分
近隣からのアクセス時間
久喜市(駅)から車で15分
新白岡(駅)から車で20分
電話による受付時間
平日8:00~18:00迄
   ※土曜日12:00迄  
診療時間
【平日】
午前 8:30~12:30
午後14:00~18:30
【土曜】
午前 8:30~13:00
 
定休日
土曜日午後・日曜日・祝日
 
専用駐車場2台有り
①・②に駐車できます