埼玉県久喜市・幸手市で鍼灸院をお探しの方

自律神経失調症専門おかだ鍼灸院 

                  久喜駅から車で15分・幸手駅から徒歩15分

受付対応
8:00~18:00 土曜12:00迄
営業時間
平 日 午前 8:30~12:00
    午後 2:00~ 6:00
土曜日 午前 8:30~12:00
定休日
土曜日午後・日曜日・祝日

完全予約制の鍼灸院 

新規の方は、限定1日3名迄

0480-53-3671
埼玉県久喜市・幸手市の鍼灸院

【解説】自律神経失調症と鍼灸治療

以前の自分に戻りたい!
あなたの人生が鍼灸で変わる

【筆者】岡田 匡史(鍼灸師)

このようなお悩みは、ありませんか?

  • 病院で検査をしても、異常がないと言われてしまう
  • 仕事や家庭のストレスで、自律神経が乱れている気がする
  • 更年期に入ってから、様々な不調が現れる
  • めまい・動悸・食欲不振・頭痛・喉の詰まり・イライラなどの症状で悩んでいる
  • なるべく薬に頼りたくない・副作用が怖い
  • 仕事の疲労で肩こりになりやすい
  • 身体の不調が現れやすい体質なので、相談に乗ってもらえる鍼灸院でメンテナンスを受けたい

埼玉県久喜市・幸手市で自律神経失調症の不調でお困りの方は、

おかだ鍼灸院にお任せ下さい。

自律神経失調症とは?

自律神経失調症は、日本独自のものだった!

 

自律神経失調症は、日本独自の呼び名であって欧米にはありません。そして、日本でも正式な病名として公認されていないので、自律神経失調症のとらえ方は、医師によってまちまちのようです。

 

日本心身医学会によると、

自律神経失調症とは「種々の自律神経系の不定愁訴を有し、しかも臨床検査では器質的病変が認められず、かつ顕著な精神障害のないもの」と暫定的に定義されています。

 

ここで言う「不定愁訴」というのは、「眩暈(めまい)がする」・「動悸がする」・「頭痛がする」・「気分が落ち込む」など現れたり消えたりするもので、検査をしても異常がいない事です。

 

また、精神障害というのは、精神病性障害(統合失調症・妄想性障害)や気分障害(うつ病・躁うつ病)、神経症(不安神経症・強迫神経症・心気神経症・抑うつ神経症・恐怖症・ヒステリー)などになります。

 

ただ、自律神経失調症でも精神面に症状が現れる事はあります。「イライラ」や「抑うつ感」・「不安感」などの症状です。顕著な精神障害でないという事です。

自律神経の働きについて

自律神経とは、植物神経とも呼ばれていて自分の意志でコントロールできない神経です。

 

どのような働きをしているのかというと、

 

私達の身体は、外部の環境(例えば、熱かったり・寒かったり)に適応する為に一定の体温や血圧を維持し、心臓を休みなく働かせて生命活動を続けています。

眠っていていも、このような活動は続けられます。

 

このように、全身をコントロールしているのが自律神経です。

 

この自律神経には、2種類あり交感神経と副交感神経があります。

 

この交感神経は、どのような働き?があるのかというと

これから仕事するぞ! 運動するぞ? 家事をするぞ! など身体を活発に動かそうとする時に働きます。

 

車で例えるなら、「アクセル」が交感神経の働きです

この交感神経が身体にどのような影響があるかというと、

●精神活動が活発になる

●瞳孔が拡がる

●心臓の心拍数が増える

●血圧が上がる

●血管が縮む

●消化器・消化液の分泌が低下する    など・・・

 

 

副交感神経には、どのような働きがあるかというと

休む神経とも呼ばれ、睡眠・休息などをとるときに働きます。

車で例えるなら、「ブレーキ」が副交感神経の働きです。

 

この神経が身体にどのような影響があるかというと、

○精神活動は休息する

○瞳孔が小さくなる

○心臓の心拍数が減る

○血圧は下がる

○血管が拡がる

○消化器・消化液が分泌する

 

この交感神経と副交感神経のバランスがうまく取れていると身体の調子は良いですが、どちらか一方に偏ってしまうと、身体に不調が現れてきます。

 

例えば、交感神経が優位に働いていると瞳孔が拡がっているのでまぶしく感じたり・精神活動が活発になっているので眠れなかったり・動悸がしたり・血圧が高めになったり・消化器の調子が悪くなったりする事があるでしょう。

どのような症状が現れるの?

おかだ鍼灸院に来られる方の主な症状
  • めまいがするので耳鼻科へ行ったけれど、「異常はない!」と言われた
  • 食欲がなく、食べると胃のもたれを感じる。内科で胃カメラの検査をしたけれど、問題がなかった
  • 動悸を感じて循環器内科へ行ったけれど、異常が見当たらなかった
  • 更年期に入ってから、頭痛を感じるようになった。心配になって脳外科で検査をしたけれど、異常はなかった
  • 肩こりが辛くて、整形外科でレントゲンを撮ってもらった。しかし、「骨に問題ないよ!」と言われた
一般的な自律神経失調症の症状

自律神経失調症では、人によって現れる症状は様々です。

頭部から肩、心臓、呼吸器、血管系、皮膚、胃腸、足の先まで全身のいたるところに現れます。これは、自律神経が体のすべての器官に影響を与えているからです。

 

【起こりやすい症状】

めまい・頭痛・肩こり・動悸・息切れ・喉の違和感・立ちくらみ・手足のシビレ・吐き気・腹部の不快感・下痢・便秘・食欲不振・不眠など

 

精神症状では、イライラ・不安感。集中力・記憶力が低下する。

 

 

【症状の現れ方(パターン)

  • 一つの症状が慢性的に続く
  • 複数の症状が重なって現れる
  • 症状が現れたり消えたりする

【ポイント】

  1. 自律神経失調症では、病院で検査をしても異常が見当たらないという特徴がある。
  2. 強い気分の落ち込み・不安感などの場合は、自律神経失調症ではなく、気分障害(うつ病)・神経症(ノイローゼ)などの精神障害が考えられる。

自律神経失調症になった原因は?

第1に「生活リズムの乱れ」

テレビやパソコン・スマホを使って夜更かしをしてしまい、「慢性的な寝不足」になったり、「暴飲暴食」をしたり・「昼と夜の逆転した生活」になっていたり・「朝食抜きの不規則な生活」も自律神経に悪影響を与えます。

 

おかだ鍼灸院に来られた方の場合は、製造業・看護師さんなど昼夜逆転の仕事を長年続けてきた方などが多かったです。

第2に「ストレス」

仕事でのストレス・家庭でのストレス・人間関係のストレス・病気・将来への不安・事故や怪我・暑さ寒さなども影響します。

 

具体例をあげると、

仲の良い夫婦の場合は、どちらかが先に亡くなってしまうと「自律神経失調症」になってしまう方が多いように感じます。

 

1人になってしまった「寂しさ」や「不安」が影響を及ぼし、めまいがする・動悸がする・食欲がない・眠れないなどの症状が現れて、耳鼻科・内科・心療内科等を回って鍼灸院に来られる場合があります。

第3にホルモンバランスの乱れ

自律神経失調症は、男性・女性・どちらもなりますが、特に女性に多い傾向があります。

 

なぜ、女性に多いかというと、「妊娠」・「出産」・「閉経」によって、ホルモンのバランスが乱れる為です。特に40代後半から50代前半の女性は、「ホルモンバランスの乱れ」と「自律神経の乱れ」で体の調子を崩す方が多くいらっしゃいます。

あなたの体の状態を、「チェック」してみませんか?

下記のチェック表であなたの現在の体の状態をチェックする事ができます。

 

自律神経失調症調査表(TMI)では、

自律神経症状と精神症状の調査で⑴正常、⑵自律神経失調症、⑶神経症型、⑷心身症型のタイプがわかります。

 

ストレス度チェックリスト(SCL)では、

あなたのストレス度を判定します。

 

ストレス耐性度チェックリスト(STCL)では、

あなたが、「ストレスに弱いタイプ」なのか「ストレスに強いタイプ」なのかを知る事ができます。

 

 

鍼灸治療について

自律神経失調症では、さまざまな症状が現れます。

 

人によっては、「めまい」でふらふらするという方や、「頭痛」が辛い方、心臓が「ドキドキ」して不安な方、肩が凝ったり・背中が張ったりして辛い方、「食欲不振」で痩せてしまった方など様々です。

 

なぜ、このような症状が出るのかというと、「自律神経」の影響を受けているからです。

 

しかし、自律神経失調症は、自律神経だけが悪いのではありません。

 

自律神経以外にも、ホルモンバランスの乱れ免疫の低下瘀血(おけつ)と呼ばれる血液の滞りなどが関係しています。

 

一番わかりやすいのは、「更年期の女性」です。

 

更年期と自律神経失調症

更年期の女性は、自律神経失調症になりやすいと言われていますが、ホルモンバランスの乱れが根底にあります。

 

この時期は、卵巣機能が衰えて女性ホルモンの分泌が減少・消失に向かいます。そして、その影響が自律神経の乱れへと発展するのです。

 

また、免疫力の低下(慢性扁桃炎)も重要です。

扁桃というのは、風邪を引いた時に腫れてしまうところです。ここでは、空気中のウイルス・細菌などから身体をを守ってくれる抗体を作る場所です。

 

そして、この扁桃には自律神経の線維が入り込んでいます。慢性的に喉の弱い人では、この扁桃に炎症があり「自律神経」に乱れを生じさせている場合があります。

【扁桃腺と自律神経】

扁桃腺には、自律神経の線維が入り込んでいる

このように、自律神経失調症は、自律神経だけが悪いのではなく「ホルモンバランスの乱れ」・「免疫力の低下」・「瘀血(おけつ)と呼ばれる血液の滞り」などの影響を受けています。

 

鍼灸治療では、あなたの回復を阻害する原因を、脈診(みゃくしん)・腹診(ふくしん)と呼ばれる特殊な方法で見つけて施術しています。

自律神経失調症の3人の症例

20代女性の場合

【症状】

吐き気・喉の詰まり

 

20歳の頃に、パニック発作があった。最近は、知人の死をきっかけに、仕事に行く前に「吐き気」が起きるようになる。

 

仕事に行ってしまえば、2時間程で治るという。また、喉の詰まり(違和感)もある。

50代女性の場合

【症状】

動悸・不眠・食欲不振・肩こり

一年以上前から動悸・不眠・身体のだるさ・胃の不調・頭がぼーっとしてフラフラするなどの症状があり仕事ができないので辞めてしまう。

 

特に気になるのは、動悸が起こりやすく病院で検査をしてもらったが異常がないと言われる。

50代男性の場合

【症状】

左背部の張り・不安・イライラ・のぼせ

平成31年の1月中旬から左背部の張り・不安感などが発症する。

 

仕事中も、左背部の張り・コリが気になってしまう。

また、心臓の不調で背中に違和感を感じるのでは?と不安になる。特に寒い時は、辛く感じる。

【参考図書】

・経絡経穴概論(医道の日本社)

・生理学(医歯薬出版株式会社)

・新治療法の探求(医道の日本社)

・新治療法の探求(医道の日本社)

・病気がみえる3[糖尿病・代謝・内分泌](MEDIC MEDIA)

・自律神経失調症(高橋書店)

初めての方は、
こちらをご覧ください!

プロフィール

岡田匡史(おかだまさし)
1978年生まれ
経歴

1日400人以上来院する整形外科・都内の鍼灸整骨院で鍼灸の施術とリハビリを担当する。

取得国家資格

・はり師
・きゅう師
・あん摩マッサージ指圧師
・柔道整復師

アクセス

おかだ鍼灸院のご案内
住所
埼玉県幸手市中4−18−16
 
近隣からのアクセス時間
久喜市(駅)から車で15分
 
専用駐車場2台有り
①・②に駐車できます