埼玉県幸手市・久喜市で鍼灸院をお探しの方

自律神経失調症専門おかだ鍼灸院 

                  幸手駅から徒歩15分・久喜駅から車で15分

受付対応
8:00~18:00 土曜12:00迄
営業時間
平 日 午前 8:30~12:00
    午後 2:00~ 6:00
土曜日 午前 8:30~12:00
定休日
土曜日午後・日曜日・祝日

完全予約制の鍼灸院 

新規の方は、限定1日3名まで

0480-53-3671
久喜市・幸手市のおかだ鍼灸院

必見!ぎっくり腰と鍼灸治療

ぎっくり腰の原因から症状・鍼灸治療が良い理由を一挙ご紹介

【筆者】岡田 匡史(鍼灸師)

このようなお悩みは、ありませんか?

  • 急に腰が痛くなってしまい、曲げたり・伸ばしたりできない
  • 歩くだけで腰に痛みが起こる
  • 整形外科でレントゲンを撮ってもらったけれど、異常がなかった
  • 医者から安静にするように勧められたけれど、一週間たっても変化がない
  • 湿布を貼っているが、改善の見込みがない
  • 痛み止めを服用すると、お腹の調子が悪くなるので飲みたくない
  • マッサージをしてもらったら、余計に痛くなった
  • 何か良い方法がないか探している

埼玉県久喜市・幸手市の方で「ぎっくり腰」でお困りの方は、おかだ鍼灸院にお任せ下さい。

ぎっくり腰とは?

ぎっくり腰は、日常のちょっとした動作をきっかけに発症する急性腰痛です。

 

主に、筋肉・関節・靭帯を痛めたものから、腰椎椎間板ヘルニア・高齢者に起こりやすい圧迫骨折・脊柱管狭窄症など急に発症した腰痛は、全て含まれます。(※病名・診断名ではない)

 

ドイツ語では、「魔女の一突き」・「ドラゴンの一突き」と表現される。

 

何か物を持ち上げようとしたり、洗顔しようと中腰になったり、物を拾う姿勢になり腰に負担がかかる時にぎっくり腰を起こしやすいです。

 

 

しかし、ぎっくり腰の人の中には特に何もしていないのに、腰に違和感を覚えて徐々に腰が痛くなり動けなくなってしまう方もいます。

どのような症状が出るの?

ぎっくり腰
  • 寝返りをするとズキッと腰に痛みが出る
  • 座った状態から立ち上がるのも大変
  • 腰を曲げることができない
  • 腰を反らせない
  • 歩くと腰に響く
  • 腰を伸ばせない

ぎっくり腰を起こす誘因は?

ぎっくり腰は、様々な病態がありますが、頻繁にみられる筋肉・関節・靭帯によって起こった「ぎっくり腰」を対象にお伝えします。

【参考】

  • 筋肉が原因⇒筋筋膜性腰痛
  • 関節が原因⇒椎間関節性腰痛・仙腸関節障害
  • 靭帯が原因⇒棘上靭帯・棘間靭帯の損傷
筋筋膜性腰痛
椎間関節性腰痛
棘上靭帯・棘間靭帯の損傷

そもそも、ぎっくり腰が起こる誘因としては、腰(関節・筋肉・靭帯)の「柔軟性の低下」とお腹周りの「筋力低下=腹圧の低下」が考えられます

 

 

例えば、新しい輪ゴムは、柔らかくて良く伸びますよね。

ぎっくり腰の説明の図1

 

しかし、古くなった輪ゴムは、柔軟性がなくなって、伸ばすとブチっと切れてしまいます。

ぎっくり腰の説明の図2

人間の体もこれと同じです。

 

柔軟性のある腰であれば、ちょっとした動作でグキッと腰(筋肉・関節・靭帯)を痛める事はありません。

 

ちょっとした動作で、腰を痛めてしまう事は、腰の柔軟性の低下が考えられます。

 

もう一つは、お腹周りの「筋力低下」です。

 

お腹周りの筋肉がしっかりしていれば、コルセットを巻いているのと同じです腹圧が高まり腰の安定につながります。

 

もし、お腹周りがダルダルになっている方は、筋力が弱い事も考えられます。

このように

  • 筋肉疲労(長時間の座位や立位・不良な姿勢・重量物を運ぶ・過度の運動)
  • 血行不良(自律神経の乱れ・ホルモンバランスの失調・冷え)
  • 筋力低下(運動不足・加齢)

などが腰の柔軟性の低下腹圧の低下につながり、ぎっくり腰の誘因となると考えられます。

なぜ、「ぎっくり腰」に鍼灸治療が良いの?

ぎっくり腰は、主に「筋肉」や「関節」・「靭帯」を痛めていて、微細なキズが入っていると考えられます。

 

このような時は、炎症を起こしているので「腰を揉んだり」・「温めたり」するのは、体に悪い事です。

 

しかし、腰が凝っているのだと勘違いをして、お風呂やカイロで温めたり・マッサージを受けに行く人もいます。

 

しかし、筋肉が凝っているのではなくて、キズと炎症があるので、余計に悪化させてしまいます。

 

ぎっくり腰の時は、お風呂で温めたり・腰を揉んだりしないように気をつけましょう。

 

ところで、なぜ、ぎっくり腰に鍼が良いのかというと、

炎症を起こしている腰に鍼をしなくても、離れたツボに鍼をする事によって、筋肉の緊張を緩めたり・炎症を鎮める事ができるからです。

 

その為、何も治療をしないで寝ているより、回復が早まるわけです。

 

ぎっくり腰には、危険な腰痛もあります。私の鍼灸院にも、ぎっくり腰だと来られた方の中に、圧迫骨折をしていた方(高齢)や尿管結石の方もいらっしゃいました。

 

安静にしていても改善がみられない場合は、素人判断せずに、鍼灸院や整形外科の先生に診てもらう事が回復の早道です。

ぎっくり腰の症例を「3つ」ご紹介

風邪を引いてから起きたぎっくり腰

40代女性

【原因】

3日前に風邪を引き寝込んでいた。来院前日の朝に、かがんで物を取ろうとした時にぎっくり腰を発症する。

 

左に腰を捻ると痛みが出てくる。また、朝起きた時が一番痛い。

子供を抱っこしようとして起きた、ぎっくり腰

30代男性

【原因】

子供を抱っこしようとした際に右腰を痛める。腰に痛みがあったが、無理をして一日中歩いてしまった。

 

腰が痛くなる前日は、ゴルフをしていて負担をかけていた。

10日経っても痛みが軽減しない、ぎっくり腰

60代女性

【原因】

10日ほど前に徐々に腰が痛くなり、靴下を履いたり・寝がえりが困難な状態になる

 

リハビリで腰の牽引を勧められて行ったところ、かえって痛みが増し起き上がる事が困難になる。

ぎっくり腰の方からご相談

ぎっくり腰でお困りの30代(後半)男性

【質問

いつも仕事でずっと座っているせいか、慢性的に腰が重い状態が続いていました。その影響なのか、一週間前にベットから起き上がった途端に「ギクッ」と腰に痛みが走りました。

それから、歩いたり・寝たり・起きたりする動作も大変です。整形外科では、「湿布」と「痛み止め」をもらい安静にしていますが、一週間経っても痛みがおさまりません。鍼灸で何とかなりますか?

 

【回答】:鍼灸でぎっくり腰が改善される方は、多くいます。

筋肉や関節を痛めたタイプ(ヘルニアを除く)のぎっくり腰では、3~5回程度の施術で日常生活を送れるようになる方がほどんどです。

 

※ごく稀に筋肉の損傷が強い場合は、一ヵ月程度かかる場合もございます。

ぎっくり腰でお困りの40代女性

【質問

部屋を中腰で掃除していたところ、腰に違和感を感じました。最初は、たいした事がないと思っていたのですが、だんだんと痛みが強くなり腰を曲げたり・立ち上がったりする動作で痛みを感じます。

この場合も、ぎっくり腰でしょうか?

 

【回答】:ぎっくり腰と考えられます。

重い物を持ち上げたり・急に腰を捻ねらなくても、ぎっくり腰になる場合があります。

この場合は、腰の炎症が徐々強くなって、痛くなったのだと考えられます。

ご予約方法

完全予約制

【ご予約の手順】             
担当者が「おかだ鍼灸院・おかだ接骨院です」と電話にでます。そうしましたら、
「予約を取りたいのですが」、とおっしゃって下さい。

 

0480-53-3671

プロフィール

岡田匡史(おかだまさし)
1978年生まれ
経歴

1日400人以上来院する整形外科・都内の鍼灸整骨院で鍼灸の施術とリハビリを担当する。

取得国家資格

・はり師
・きゅう師
・あん摩マッサージ指圧師
・柔道整復師

所在地

おかだ鍼灸院
住所
埼玉県幸手市中4−18−16
 
駐車場有り
①・②に2台駐車できます
パーキング荒宿