埼玉県幸手市・久喜市で鍼灸院をお探しの方

自律神経失調症専門おかだ鍼灸院 

                  幸手駅から徒歩15分・久喜駅から車で15分

受付対応
8:00~18:00 土曜12:00迄
営業時間
平 日 午前 8:30~12:00
    午後 2:00~ 6:00
土曜日 午前 8:30~12:00
定休日
土曜日午後・日曜日・祝日

完全予約制の鍼灸院 

新規の方は、限定1日3名まで

0480-53-3671
埼玉県久喜・幸手市の鍼灸院

更年期障害と鍼灸治療

鍼灸治療

【筆者】岡田 匡史(鍼灸師)

更年期障害とは?

更年期障害の解説

閉経前後の10年間を更年期と呼びます。

 

日本人の閉経は、平均50.5歳になりますから、45歳~55歳が「更年期」にあたります。[参考図書:病気がみえるVOL9]

 

この時期は、妊娠可能な「生殖期」から、妊娠ができなくなる「老年期」へ移り変わる心身共に不安的な時期になると言われています。

 

この時期は、卵巣機能が低下し女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が減少していきます。

更年期
(卵巣機能の低下)

そうすると、自律神経の最高中枢である視床下部が、女性ホルモンを増やす為に、下垂体と呼ばれる場所からFSH(卵胞の成熟を促す)・LH(黄体形成を促す)と呼ばれるホルモンの分泌を促します。

 

しかし、卵巣の機能が衰えているので「女性ホルモン」の分泌が増えません。

結局、過剰に分泌されたFSH・LHが血液に乗って自律神経中枢に影響を及ぼし、自律神経失調症を招きます。

 

特に、仕事や家庭生活に支障が出来るほど重い症状が続くケースを「更年期障害」と言います。

【参考】

  • 生殖期から老年期への移行期を更年期と言い、この時期に現れる多種多様な更年期症状のうち、日常生活に支障をきたすものを更年期障害という。<私の治療(日本医事新報社から引用)

更年期障害では、どのような症状が現れるの?

更年期障害の症状

更年期障害では、自律神経失調症から生じた様々な不定愁訴が現れると言われています。

自律神経失調症の症状

疲労感・頭痛・肩こり・めまい・胸痛・息苦しさ・のぼせ・発汗・寒気・冷え・動悸など

精神の症状

イライラ・怒りやすい・不安・不眠・クヨクヨ・憂うつ・集中力の低下・意欲の低下など

 

その他の症状
  • 運動器症状:腰痛・関節痛・筋肉痛・手のこわばり・むくみ・しびれ
  • 消化器症状:吐き気・食欲不振・腹痛・便秘・下痢
  • 皮膚粘膜症状:乾燥感・湿疹・かゆみ
  • 泌尿器生殖期症状:排尿障害・頻尿・性交障害・外陰部違和感

 

[参考図書:1336専門家による私の治療]

 

 

また、「エストロゲン」に着目すると、

  1. 血管拡張作用  
  2. 抗動脈硬化作用 
  3. 悪玉コレステロールを低下させる 
  4. 善玉コレステロールを上昇させる
  5. 骨量の維持
  6. 皮脂腺の分泌抑制
  7. コラーゲンの合成促進

などの働きがある事が分かります。

 

しかし、更年期では、エストロゲンの分泌が減少する為、

  1. 血管の拡張作用がなくなり、肩こり・腰痛が起きやすい
  2. 抗動脈硬化作用がなくなり、高血圧になりやすい
  3. 悪玉コレステロールが上がり・善玉コレステロールが低くなって、高脂血症や心疾患になりやすい
  4. 骨量の維持が出来なくなり、骨粗鬆症になりやすい
  5. 皮脂腺の分泌が抑制されなくなり、ニキビができやすい
  6. コラーゲンの合成が上手くいかなくなり、シワが出てくる

 

などの、症状が顔を出しはじめます。

 

[参考図書:病気が見える9(MEDIC MEDIA)]

鍼灸治療は、更年期の辛い「日常生活」を楽にする!

更年期障害の鍼灸治療

副腎へのアプローチが鍵

更年期は、卵巣機能の衰えと共に女性ホルモン(エストロゲン)の減少が引き金となり、「自律神経症状」や「精神症状」が現れる事をお伝えしました。

 

その為、

おかだ鍼灸院では、「エストロゲン」を分泌すると言われる、「副腎」に重点をおいて鍼灸治療を行っています。

 

そうする事により、更年期の不調を緩和させ、日常生活を楽に過ごせるようにお手伝いをする事ができます。

 

※ご注意

鍼灸治療は、鍼灸院によって考え方が異なるので「施術方法」も違います。

【参考】

  • 副腎では男性ホルモンが作られ、一部はエストロゲンに転換される。<エストロゲンと女性のヘルスケア(メジカルビュー社)から引用>
  • 鍼灸治療の立場から、エストロゲンの分泌能を持つ副腎に刺激を与えることによって、それが可能であることは、多くの臨床的治験例がそれを証明しているといえよう。<鍼灸臨床 新治療法の探求(医道の日本)から引用>

 

このような方に鍼灸がお勧め♪

  • 薬の副作用が出やすいタイプなので、飲みたくない
  • 乳癌になった事があるので、ホルモン補充療法をやりたくない
  • 病院で治療を受けているけれど、調子が悪い

プロフィール

岡田匡史(おかだまさし)
1978年生まれ
経歴

1日400人以上来院する整形外科・都内の鍼灸整骨院で鍼灸の施術とリハビリを担当する。

取得国家資格

・はり師
・きゅう師
・あん摩マッサージ指圧師
・柔道整復師

所在地

おかだ鍼灸院
住所
埼玉県幸手市中4−18−16
 
駐車場有り
①・②に2台駐車できます
パーキング荒宿