埼玉県久喜市・白岡市・幸手市で鍼灸院をお探しの方
更年期・めまい・頭痛・不妊

自律神経失調症専門おかだ鍼灸院

     久喜駅から車で15分 ・新白岡駅から車で20分 ・幸手駅から徒歩15分 

受付時間
8:00~18:00 土曜12:00迄
診療時間
平 日 午前 8:30~12:30
    午後 2:00~ 6:30
土曜日 午前 8:30~13:00
定休日
土曜日午後・日曜日・祝日

完全予約制の鍼灸院 

新規の方は、限定1日3名迄

0480-53-3671

埼玉県幸手市のおかだ鍼灸院の鍼灸症例
眩暈(めまい)の鍼灸症例(一部紹介)

メニエール病と診断されためまい

来院日)平成30年7月19日

 

患 者)女性

 

症 状)

一か月ぐらい前に、バイト中にめまいが発症する。

最初、右に耳鳴りがしていたが、途中で左も耳鳴りが起こる。食事をすると吐き気が起こる。

 

病院では、メニエール病と診断されて、5種類の薬を処方される。薬を服用していたが、めまいの改善がみられないので、ホームページを見ておかだ鍼灸院に来られる。

 

随伴症状)

耳鳴り・難聴左・耳閉・吐き気

 

治療と経過)

お腹の状態とツボの反応をみると、骨盤部の鬱血・交感神経緊張・肝臓の弱りを現す反応がある。これらを改善するツボに鍼をして第一回目の施術を終える。

 

第二回目

耳鳴りは、少し良いかな?とお聞きするが、耳に水が溜まっているような感じがする。目をつぶっていてもグルグル回る。

自宅でもお灸をしてもらうように勧める

 

第三回目

朝と晩だけのめまいに変化する

 

第四回目

耳鳴りは、無くなった。めまいは、朝と晩に起こる。最初のめまいの辛さを10とすると、3ぐらいに減ったと聞く。

 

第五回目

ほぼ、めまいが無くなったとお聞きする。辛さは、1ぐらいになる。

 

考 察)

メニエール病で悩まれている方をみると、責任感が強く・頑張り過ぎてしまうタイプ(交感神経緊張)が多いように感じる。

この女性の場合、メニエール病の回復を阻害する原因は、交感神経緊張と骨盤部の鬱血・肝臓の弱りがあった。

 

交感神経緊張により血流が悪くなり、内耳への血流にも影響が起こり「めまい」の回復を阻害していたのかと思われます。

 

眩暈(めまい)の鍼灸症例
良性発作性頭位眩暈症と診断されためまい

来院日)平成30年5月24日

 

患 者)30代後半の女性

 

症 状)

4月上旬に京都に旅行へ出かけた。旅行中に突然めまいが発症する。病院では、良性発作性頭位眩暈症と診断される。

 

体操と服薬をして、眩暈(めまい)症状の軽減はあったが、朝起きた時に眩暈(めまい)が起きる事と、後頭部の頭痛が一日中ある。

 

おかだ鍼灸院に来院されている、母親の勧めで来院する。

 

随伴症状)

肩こり・イライラ・体がだるい・手足が冷える・のぼせ

 

治療と経過)

脈の状態は、交感神経緊張をうかがえる。お腹の状態は、肝臓への血流の流れが悪い・自律神経の過敏を現す。また、ツボから免疫力の低下を現す反応のもある。

第一回目は、それらを改善するツボにはりを行う。

 

第二回目。

一週間後に来院。朝、起きた時の眩暈(めまい)がなくなる。

しかし、後頭部がのぼせている感じと、後頭部の頭痛がする

施術中、うつ伏せから仰向けに移動した際に30秒程、眩暈(めまい)が起こる。

 

第三回目

眩暈(めまい)は、ない。

後頭部が重い感じがする。頭痛薬は、来院してから服用する程ではなくなった。

施術中、うつ伏せから仰向けの移動でも眩暈(めまい)を発症しない。

 

第四回目

めまい・後頭部の重さ・頭痛もない。治療を終了とする。

 

考 察)

良性発作性頭位眩暈症は、内耳にある耳石器から耳石がはがれ、三半規管の中に入り込む事で発症する疾患です。

 

めまいの体操で、耳石を三半規管から取り除けば改善するといわれる疾患ですが、それだけでは改善されない方もいらっしゃいます。

 

それは、なぜでしょう?

 

眩暈(めまい)の原因や回復を阻害するものは、それだけではないからです。

 

この女性のように、自律神経を整えて、肝臓への血流の滞りを改善し、免疫力を強化する事により、眩暈(めまい)・頭痛の克服ができた思います。

眩暈(めまい)の鍼灸症例
フワフワするめまい

来院日)平成30年3月17日

 

患 者)50代女性

 

症 状)

2月頃から、レジでの仕事中にフワフワするめまいが起こるようになり、仕事を休んでいる。

 

眩暈(めまい)の時に動悸がしたので、24時間ホルター心電図検査をするが、異常がなかった。

 

毎朝、起きた時は、足がしっかりしないでふらつく。

耳鼻科で処方されている薬を服用しているが、眩暈(めまい)が治らないのでホームページを見て来院する。

 

随伴症状)

肩こり・目の疲れ・耳閉(左)・動悸・高血圧などがある。

 

治療と経過)

体の状態を確認すると、免疫力の低下(扁桃病巣感染症)と肩の筋肉の緊張を確認する。

扁桃腺の弱りは、血管運動神経に影響し耳や脳への血流を悪化させる事がある。

その為、免疫力を高める施術を行い。首・肩の筋肉の緊張を和らげるツボに鍼をして治療を終える。

 

第二回目

一週間後に来院する。身体の状態をお聞きすると、フワフワしなくなった聞く。しかし、朝起きると、足がしっかりしない感覚があると聞く。

 

第三回目

少し足がしっかりしないだけになる。明日、仕事に行く予定。

 

第四回目

仕事中に少しだけ症状が出た。しかし、朝起きた時に足に力が入らない感じもなくなる。耳閉もなくなる。

 

第五回目

耳鼻科で平衡感覚が良くなっていると言われる。最初の辛さを10だとすると0だとお聞きする。

 

考 察)

この女性の眩暈(めまい)は、免疫力の低下(扁桃病巣感染)の反応を確認できました。免疫力の低下(扁桃腺の弱り)は、血管を広げたり・縮める作用に影響を及ぼします。

そうすると、平衡感覚をつかさどる器官への血流が悪くなったり・平衡感覚をつかさどる脳への血流に悪影響を及ぼします。

また、肩・首の凝りも強くこれらも眩暈(めまい)を起こす原因となっていたようです。

 

眩暈(めまい)の鍼灸症例
突発性難聴からくるめまい

来院日)平成30年3月15日

 

患 者)70代女性

 

主 訴)難聴・耳鳴り・めまい

2~3日前に左側の耳に違和感を感じた。様子をみていたが変化がないので3月10日に耳鼻科へ行く。

耳鼻科では、左耳の聴力が低下し難聴があると言われる。診断名は、突発性難聴。プレドニゾロン錠・メチコバール・アデホスコーワを処方される

 

随伴症状)

肩こり・首に熱感を感じる

 

治療と経過)

お腹や脈の状態を診ると、自律神経の乱れをうかがえる。そして、副腎が弱っている。副腎が弱っていると、ステロイドホルモンの分泌が悪くなるので、神経の炎症を鎮める作用が弱い。

これらが、この女性の回復を阻害するものなので、自律神経を整え・副腎が元気になるようなツボに鍼を行う。

 

第二回目

朝起きた時は、眩暈(めまい)がなかった。しかし、来院の途中で、歩いていた際にめまいが起こる。

 

第三回

耳鼻科で聴力検査をしたところ、少し良いと言われる。今日は、眩暈(めまい)なし。

 

第四回目

調子が良いように感じる。肩こりもない。

 

第五回目

耳鼻科で聴力検査をしたところ、正常になったと言われる。やや、耳鳴りが残るが普段は気にならない。薬の服用も終了したとお聞きする。

 

考 察)

突発性難聴は、早期に治療を開始すると「予後が良い」とされています。

 

しかし、

予後不良例としては、「発症後2週間以上経過している方」・「発症時平均聴力がレベルが90㏈以上の高度難聴」・「回転性めまいを伴うもの」・「糖尿病の合併者」・「高齢者」などとされています。

 

この女性は、

自律神経の乱れを起こしていました。自律神経の乱れは、内耳の循環にも悪影響を及ぼします。また、副腎の弱りは、ステロイドホルモンの分泌が低下するので、内耳の炎症を鎮める事ができません。

これらを鍼灸で体調を整える事によって、突発性難聴の回復を促す手助けをする事が出来ます。

 

この女性が突発性難聴を克服できた理由としては、

高齢でありましたが、早期に治療を開始する事ができた事。西洋医学と東洋医学の両方からアプローチできた事が、良い結果につながったと思われます。

 

眩暈(めまい)の鍼灸症例
頭がふらつく・後頭部の熱感と血圧が上がる感じがする

【めまい】
頭のふらつき

来院日)平成29年7月10日

 

患 者)70代女性

 

症 状)

頭がふらつく・後頭部の熱感と血圧が上がる感じがする。

 

15年ぐらい前から上記の症状があり、安定剤を服用している。病院の先生には、薬の副作用で「ふらつく」ことがあるから止めるように言われる。しかし、薬を止めると余計に調子が悪くなる。

 

去年の2月には、いつもと違うグルグル回る眩暈(めまい)が起きて、CTで検査をする。特に異常はなく、耳石の関係で「めまい」が起きたと説明された。現在は、その症状はないが頭のふらつきがあるので、娘さんが、ホームページを見て連れてきてくれた。

 

治療と経過)

脈の状態を診ると、「自律神経の乱れ」をうかがえる脈をしている。そして、お腹の状態は、「不安」や「精神」が関係する時に現れる部位に反応がある。

自律神経を整える鍼をして、後頭部の熱感を取る足のツボに鍼をする。

そして、

お話を伺っている際に、少しろれつが回っていないように感じたので、MRIでも検査をするように勧めて第一回目の治療を終える。

 

第二回目)

少し調子が良い。頭のふらつきが減る。MRIで検査をしたが、異常がない。

 

第三回目)

草取りができるようになったとお聞きする。後頭部の熱感も減り・首に湿布を貼らなくても大丈夫。肩こりも減る。

 

第四回目)

久しぶりに来院。お盆などの影響もあって、しばらく来院できなかった。

治療を休みすぎたせいか、頭のふらつき・後頭部の熱感・血圧も上がり調子が悪い。今日は、後頭部を冷やしながら来院する。

 

治療直後、後頭部の熱感も取れてスッキリする。

 

第五回目)

前回治療を受けてから調子が良い。また、外を出歩いても良いか聞かれる。

体質改善のために、自宅でもお灸をするように勧める。

現在も治療中。

 

考 察)

最初は、娘さんがホームページを見て連れて来てもらったと聞いたので、効果が現れにくいかな?と思いました。

 

なぜ、

こんな事を書くのかというと、娘さん・息子さんがホームページを見て納得していても、「お父さん・お母さん」は見ていないので、嫌々、来院する場合があるからです。

嫌々受けても効果が現れにくいのは、人間の心と体は密接につながっているからです。

 

しかし、わたしが最初に抱いた不安とは違い、この女性は、鍼灸を恐れていなく効果も現れやすかったです。

 

ただ、「15年前からの症状」と「ご高齢」でもあるので、慢性化しているし回復しにくい状態という事です。

 

治療によって良くなっても、治療間隔が空き過ぎてしまうと悪い状態に戻されてしまうようでした。

 

このような場合は、定期的な「体のメンテナンス」をすると再発予防につながり、日常生活が快適に過ごせるようになります。

 

※同じ症状でも、効果には個人差があります。

 

眩暈(めまい)の鍼灸症例
頭がぼやーっとする・少しふらつきもある

来院日)平成28年 8月29日

 

患 者)60代男性

 

症 状)頭がぼやーっとする。少しふらつきもある

数年前から時々起こり、脳外科でMRI検査をしたが異常がない。

しかし、4日前から頭がぼやーっとする感覚が頻繁に起こるようになり、当院へ来院する。

 

経 過)

腹診からは、肝臓に流れる血行が悪いようだった。

東洋医学では、肝臓の働きの中に血液を貯蔵して、必要なところに血液を分配する作用があると考えます。そこで、「肝臓の働きが問題なのでは?」と的を絞り施術を行いました。

実際に健康診断では、「肝機能検査がギリギリ引っかからなかったけれど、危なかった」と、お聞きする。

 

第一回目の施術は、肝臓を中心として施術を行った。

 

第二回目の施術は、4日後に行う。第一回目の施術を受けてから症状が現れていない。

 

第三回目の施術は、一週間後に行う。一週間のうちに2回ぐらいでたかな?とお聞きする。

 

第四回目の施術。2週間のうちに1~2回でたかも?とお聞きする。ぼやーっとする症状は、あまり気にならないようでした。

 

第五回目の施術。左腰が前屈すると痛いというので、この日から腰を中心に施術を行う。

 

第十回目の施術。腰の痛みは、なくなる。ぼやーっとするのは、時々でる。

 

第十一回目の施術。3週間ぶりの来院。ぼやーっとするのは、一回ぐらいでたかな?とお聞きする。最近は、あまり気になっていないようだった。

 

考 察)

この方のボヤーっとする・少しふらつきがあるという感覚は、肝臓の血液を分配する機能が弱っていた為に症状が現れていたと考えられます。

MRI検査をして異常がなくても、このような原因で起こる場合があります。

 

※同じ症状でも効果に個人差があります。

 

眩暈(めまい)の鍼灸症例
めまい・不眠・頭のふらふら感

来院日)平成28年7月15日

 

患 者)70代女性

 

症 状)めまい・不眠・頭のフラフラ感

一年程前から上記の症状が現れて、病院にて服薬・注射・点滴などを行ってきた。検査では、どこにも異常がないと言われる。しかし、一年たっても症状が変わらず、夜中に目が覚めてトイレに行くときは、はっていかないといけない。

知り合いの紹介で当院へ来院する。

 

既往歴)高血圧

 

経 過)

お腹の状態をみると、特に反応がない。また、ツボの検査をしても反応がどこにもない。しかし、脈をみてみると身体が弱って慢性的に経過をしている状態を現していた。

 

自律神経や内分泌系の機能低下があるようなので、活性化する施術を行う。また、脳や内耳への血流が良くなる施術を行い第一回目を終了とする。

 

第二回目。特に変化なし。

 

第三回目。特に変化なし。

 

第4回目。高血圧だった血圧が少し下がるようになる。また、眩暈(めまい)も以前より少し良くなる。

 

 

第11回目。以前は夜中に目が覚めてトイレに行く際も薬を飲んでからでないと行けなかったが、大丈夫になる。

朝のうちは、眩暈(めまい)がややある日もあるが、ない日も出てきた。一年間、薬の服用や注射・点滴などをしても良くならなかった眩暈が、鍼灸で良くなるとは・・とおっしゃっていました。

 

※現在も施術は、継続中。

 

考 察)

このような眩暈(めまい)や不眠・頭のふらふら感などが起こる前に、ご主人の介護をしばらくしていたようでした。ご高齢で身体が弱っているのに無理をしていたために、このような症状が現れたと思われます。

 

※同じ症状でも効果には、個人差があります。

 

眩暈(めまい)の鍼灸症例
更年期障害によるめまい・動悸・息苦しい・喉の違和感・肩こりの症状

東洋医学による腹診

来院日)平成28 6月27日

 

患 者)40代女性

 

症 状)血の気が下がる眩暈(めまい)と動悸・息切れ・喉の詰まり・肩こり

 

一か月ぐらい前から急に血の気が下がるような感じの眩暈が起きる。その後、動悸がするので心配になり、またなってしまったらどうしようと不安になる。

 

経 過)

年齢から考えると更年期障害が現れやすい時期になります。

身体の状態を確認すると、免疫力の低下・肝臓の弱り・骨盤内の血流が悪い・ストレスによる自律神経の乱れがあるようでした。

骨盤内の血液循環が悪いと、眩暈をひきおこしやすい状態になります。

第一回目は、これらを改善する施術をしました。

 

第二回目は、少し調子が良かったけれど夕方に動悸があったそうです。

 

第3回目は、身体の調子は半分ぐらい良くなったそうです。しかし、頭痛がするのが気になる。骨盤内の血流が良くなったようでが、少し流れる血液が少ないようなので、増やすような施術を行う。

 

第4回目は、8割調子がよいそう。頭痛もなくなっていました。

 

※同じ症状でも効果には、個人差があります。

眩暈(めまい)の鍼灸症例

東洋医学による腹診

来院日)平成27年11月14日

 

患 者)30代女性

 

症 状)眩暈(めまい)・肩こり

一週間ほど前から、眩暈(めまい)が起こり乗り物酔いをしているような感じがある。特に下を向くと眩暈(めまい)が起こる。

 

車の運転は、何とかできるがしんどい。仕事は、デスクワークで一日中パソコンを見ている。家に帰ってからもパソコンを良く使うので、肩こりもひどい。時々マッサージなども行くがあまり効果を感じない。めまいは、今回が初めてで病院には、まだ行っていない。

 

随伴症状)足の冷え・のぼせ・不眠・イライラなど

 

治療の経過)

お腹の状態を診ると自律神経が過敏のようだった。脈の状態を診ると身体の疲れがうかがえるので、疲労回復と自律神経を整えるツボに鍼をする。その後、全身の血液循環が悪くなっているのを腹部の触診でわかったので、血液の流れをよくするツボに鍼をする。また、デスクワークで首の凝りも強く、首の血流も悪いようだった。これらが回復するように鍼をして、第一回目の施術を終える。

 

 

第二回目。すでに眩暈(めまい)はなく、肩の張りのみになる。しかし、頭に脳が入っていないような変な感じがある。

前回の施術後、日に日に眩暈(めまい)が改善していったと聞く。

 

第三回目。肩の張りもなくなる。

 

考 察)

仕事や家でのパソコンの使いすぎの影響によって、首や肩の筋肉に緊張が起こり頭部や平衡感覚をつかさどる器官に行く血行が悪かった為に、眩暈(めまい)が起こったと考えられます。

 

しかし、根本的には瘀血(おけつ)があるので、全身の血液循環も悪いと考えられました。

 

この方は、病院での検査を受けていませんでした。しかし、本来なら病院で検査をして異常がないか確認してから来院して下さい。脳梗塞などの影響で起こる危険な眩暈(めまい)もあります。

眩暈(めまい)の鍼灸症例
自律神経失調症による頭痛・眩暈

東洋医学による腹診

来院日)平成26年12月6日

 

患 者)40代女性

 

主 訴)頭痛・めまい

風邪を引いてから急に調子が悪くなり、頭痛・めまいがある。以前もこのような状態になって動けなくなってしまった事がある。10年前に妊娠中に良性発作性頭位めまい症になった。

 

随伴症状)イライラ・不眠・足の冷え・咳・生理不順

 

治療の経過)

脈の状態や腹診・ツボの反応からも自律神経の乱れがあるようでした。また、風邪も引いていたので免疫力の低下も当然ありました。お腹の血流も悪いようだったのでそれらを改善するツボに鍼をして第一回目の治療をする。

 

第2回目は、5日後に来院されたので調子を聞くと頭痛と眩暈(めまい)は次の日にはなくなっていたそうです。

 

第3回目は、頭痛と眩暈はない。少し肩が張っているとお聞きするが体調は悪くない。

 

考 察)

眩暈(めまい)の施術は、2~3カ月続けていると改善してくる事が多いです。

この方場合は、良性発作性頭位めまい症になってしまうのでは?と不安になっていましたが、すぐに良くなっているので良性発作性頭位めまい症ではないと思われます。

この方の場合は、自律神経の乱れや免疫力の低下・骨盤内の鬱血が影響していたと思われます。

 

※同じ症状でも効果には個人差があります。

眩暈(めまい)の鍼灸症例
耳鼻科でメニエール病と言われた眩暈

画像上見出し

来院日)平成26年6月24日

 

患 者)40代女性

 

症 状)眩暈(めまい)

一か月前から上を向くとグルグルと回る眩暈(めまい)が起こり、車を運転することができない。首の痛み・頭痛・目のかすみなどもある。耳鼻科では、メニエール病と言われる。症状が変わらないので、鍼灸をやってみようと来院する。

この時は、眩暈の影響で車の運転ができなかったので友達に連れてきてもらう。

 

治療の経過)

お腹の状態をみると、血液の循環が悪い(肝臓へ血流の流れが悪い)のと免疫力の低下をうかがえた。また、脳へ向かう動脈の流れも悪いようだった。

 

第一回目は、瘀血(おけつ)を改善し全身の血液循環を良くし、免疫力を高め、脳や内耳の血液循環を良くする施術を行う。眩暈(めまい)はあるが、目がすっきりしたと聞く。

 

第二回目。目は調子良い。眩暈(めまい)はある。

 

第3回目。日によって調子が良い日と悪い日がある。

 

第5回目。自分で車を運転し来院できるようになる。眩暈(めまい)の辛さは、一番つらい時を10とすると、現在は3程度になる。ここまでの通院間隔は、一週間に一度のペースで来院してもらう。

 

その後、月に2回・月に1回と通院間隔が伸びてしまい、眩暈の状態が小康状態となり第12回まで施術を行う。

結果としては、やや症状が残るもの、日常生活を送れるようになる。

その後、友達のご紹介を頂き、「普通に日常生活を送っていますよ!」と、聞く。

 

考 察)

脳や内耳への血液循環を良くする施術が特に効果を発揮したように思えました。

 

同じ症状でも効果には、個人差があります。

おかだ鍼灸院は、完全予約制です!

《予約について》
おかだ鍼灸院では、施術の質を落とさない為に新規の方は、一日限定3名になります。
また、一日に診られる患者さまには、限りがあります。早めにご連絡ください。

《ご予約方法》
担当者が「おかだ鍼灸院・おかだ接骨院です」と電話にでます。
そうしましたら、
予約を取りたいのですが」、とおっしゃって下さい。

 

0480-53-3671
受付時間

平日8:00~18:00迄(土曜日12:00迄)

上記の時間帯が、電話予約の受付時間になります。

 診療時間 
平日 (午前) 8:30~12:30 
   (午後)14:00~18:30

土曜日(午前) 8:30~13:00
 
休診日

土曜日午後・日曜日・祝日

初めての方は、
こちらをご覧ください!

プロフィール

岡田匡史(おかだまさし)
1978年生まれ
経歴

1日400人以上来院する整形外科・都内の鍼灸整骨院で鍼灸の施術とリハビリを担当する。

アクセス

0480-53-3671
おかだ鍼灸院のご案内

埼玉県久喜市・白岡市・幸手市で鍼灸院をお探しの方へ!

住所
埼玉県幸手市中4−18−16
幸手駅より徒歩 早歩き10分
       ゆっくり15分
近隣からのアクセス時間
久喜市(駅)から車で15分
新白岡(駅)から車で20分
電話による受付時間
平日8:00~18:00迄
   ※土曜日12:00迄  
診療時間
【平日】
午前 8:30~12:30
午後14:00~18:30
【土曜】
午前 8:30~13:00
 
定休日
土曜日午後・日曜日・祝日
 
専用駐車場2台有り
①・②に駐車できます