埼玉県久喜市・白岡市・幸手市で鍼灸院をお探しの方
更年期・めまい・頭痛・不妊

自律神経失調症専門おかだ鍼灸院

     久喜駅から車で15分 ・新白岡駅から車で20分 ・幸手駅から徒歩15分 

受付時間
8:00~18:00 土曜12:00迄
診療時間
平 日 午前 8:30~12:30
    午後 2:00~ 6:30
土曜日 午前 8:30~13:00
定休日
土曜日午後・日曜日・祝日

完全予約制の鍼灸院 

新規の方は、限定1日3名迄

0480-53-3671

埼玉県幸手市のおかだ鍼灸院の鍼灸症例
自律神経失調症の鍼灸症例(一部ご紹介)

自律神経失調症による鍼灸症例
目の前がボーっとする・ふらつき・動悸・頭痛・肩こり

東洋医学による腹診

目の前がボートする・ふらつき・動悸・頭痛

来院日)平成28年9月20日

 

患 者)30代女性

 

症 状)

目の前がボーっとする・ふらつき・動悸・肩こり

 

10カ月前に車に乗っていたら眩暈(めまい)がして、その後に動悸が起こった。病院でMRIを撮ってみたけれど、異常がない。

現在、薬を服用しているが車に乗ると動悸がするようになった。また、目の前がぼーっとするのが続いている。

夜勤をしているので、その影響で自律神経が乱れてしまったのか心配する。

 

治療の経過)

脈を診させてもらうと、自律神経の乱れを現す脈をしている。また、腹診を診ても自律神経が過敏状態になっているし、不安感を表していた。頭のツボを調べると、脳の血液循環が悪くなっていた。

 

これらを改善するツボを使って、第一回目の治療を終える。一週間後に来てもらうように伝える。

 

第二回目。

頭痛は、大丈夫になった。目の前が少しボーっとする。車に乗った時に動悸がしそう。

 

第三回目。

今日も頭痛無し。ボーっとしない。車に乗ると動悸がしそう。

 

第4回目。

調子は、まあまあ良い。以前からコンビニに行くと動悸がしそうになる。

 

第5回目。

治療を受けていると眠くなる。リラックスできるようになってきた。

 

第6回目。

車に乗っても動悸は、ない。調子は良い。

また、調子が悪くならないように健康管理のメンテナンスが大切と伝える。

 

考 察)

おかだ鍼灸院に来院されている他の方でも、夜勤の仕事をしていて体調を崩される方は多いです。身体には、ストレス(負担)がかかっていたと思われます。

 

また、この方は下腹部の手術(帝王切開)をされているので、自律神経が乱れやすくなっています。(経験論)

 

体に現れていたお腹の拍動は、「自律神経が過敏」の方に現れやすい反応です。

 

「生活習慣の影響」や「手術の影響」・「体の体質(性格)」などが複雑に絡み合って、自律神経の乱れが起き症状が現れたようです。

 

自律神経失調症の鍼灸症例
更年期障害による動悸・不眠・食欲不振・肩こり

来院日)平成28年2月8日

 

患 者)50代(女性)

 

症 状)動悸・不眠・食欲不振・肩こり

一年以上前から動悸・不眠・身体のだるさ・胃の不調・頭がぼーっとしてフラフラするなどの症状があり仕事ができないので辞めてしまう。

特に気になるのは、動悸が起こりやすく病院で検査をしてもらったが異常がないと言われる。健康食品や漢方薬をなど飲んでいるが効果がないので来院する

肩の凝りを感じるところ
東洋医学による腹診

治療の経過)

安静時の脈拍が90(一分間)を超えているので速めの脈をしている。また、脈も細い。ホルモンバランスの崩れによって、交感神経の興奮がうかがえる。

お腹の圧痛は、瘀血(おけつ)による循環障害と肝臓の弱りを表している。

これらを改善するツボに鍼施術を行う。治療中も軽い動悸があると言っていたけれど、おさまる。

鍼灸の効果が持続するように、シール鍼を貼って第一回目の施術を終了とする。

 

第二回目、お腹の調子は良い。しかし、病院で処方された漢方薬(当帰芍薬散)を服用した後に動悸がして辛かったので、服用するのをやめたとお聞きする。

 

第3回目、やや動悸が減る

 

第4回目、来院まえにコーヒーを飲んだら動悸してきたと聞いたので、カフェインの入っている緑茶やコーヒーを飲まないように勧める。

 

第5回目、動悸が減るが肩の張りが気になる。自宅でお灸を開始。

 

第9回目、動悸もほとんどでない。肩の凝り感もない。お腹の調子も大丈夫。お灸をすると良く眠れる。

 

 

考察)

更年期にはいると、卵巣機能の低下が起こります。このような時期は、交感神経が興奮しやすく体にさまざまな症状を表します。この症例も典型的な更年期障害の症状を表していました。

 

※同じ症状でも効果には、個人差があります。

自律神経失調症の鍼灸症例
更年期障害による頭痛

東洋医学による腹診

来院日)平成28年3月23日

 

患 者)40代女性

 

症 状)頭痛

3月10日に頭痛と吐き気が起こり、吐いてしまった。それ以来、朝起きると頭痛がするようになる。

病院では胃腸炎と言われて薬を服用するが好転しなかった。脳外科を受診してMRIを撮り検査をしたが異常がないと言われる。

頭痛が改善しないので、当院へ来院する。

 

治療の経過)

脈を診させてもらうと、骨盤内の血液量が少ない状態を表している。40代後半になると、卵巣からのエストロゲンの分泌が低下してこのような脈は、よく診られる。

 

骨盤内の流れる血液を増やす施術をすると、頭痛が改善するので骨盤内の循環が良くなるツボと自律神経をととのえるツボに鍼をして、第一回目を終了する。

 

第2回目、前回より調子が良い

 

第4回目、寝る前に頭痛がする。身体の調子が戻ってきたので仕事を増やしたのが原因かなとお聞きする。

 

第5回目は、寝る前の頭痛もない

40代・50代の女性は、ホルモンバランスや自律神経が乱れやすい時期になります。このような体調を崩しやすい時期は、鍼灸で体調管理をすると身体が楽に過ごせるようになります。

 

※同じ症状でも効果には、個人差があります。

自律神経失調症の鍼灸症例
不眠症(抗生物質を飲んでから眠れない)・息苦しい

来院日)平成28年6月21日

 

患 者)40代女性

 

主 訴)不眠症・息苦しい

不眠は、6月7日より発症する。不眠になる前に膀胱炎になってしまい抗生物質を服用する。膀胱炎の症状は治まるが、その後から不眠が始まり睡眠薬を飲んでも眠れなくなってしまった。内科では、特に異常がないと言われる。漢方薬(柴胡加竜骨牡蛎湯)も処方され服用しているが、効果を感じない。睡眠時間は、一時間ぐらいしか眠れない。その他の症状は、胃もたれや食欲がないなどがある。

体調が良くならないので鍼灸をやってみようと来院する。

眉間に違和感
東洋医学による腹診

治療の経過)

お腹の状態を診させてもらうと、自律神経の過敏タイプであることがわかる。また、不眠が起きる前に膀胱炎を起こしていたので、免疫の反応が強く出ていた。交感神経の過緊張を緩め・お腹の血流を改善し・免疫力を高めるツボに鍼をして第一回目を終える。

 

第二回目。前回の治療後、体が楽だった。家族からも顔色が良いように言われたようだった。食欲はなかったが、少し食べれた。

しかし、眠る事はできなかった。眉間のあたりが気になる。また、目をつぶっていても勝手に眼球が動いてしまう。

 

第三回目。特に変化なし。

 

第四回目。施術後は、身体は楽になるが眠れない状態が続いている。日中、立っているのもきつくて、座ってしまったそうです。また、目の下がクマになっていらっしゃるので、かなり辛い様子。いつも通りに施術をした後に、お灸も行う。自宅でもお灸を行ってもらう事にする。

 

第5回目。前回の施術をした日にようやく4時間眠れる。次の日は、7時間眠れたとお聞きする。体が良い方向に舵をきったようだ。

 

第6回目。5~6時間は、眠れるようになる。身体の状態も回復してきた。

 

第9回目。6時間は、眠れる。睡眠薬も減らす事ができた。以前のような目をつぶっている時の眼球の動きがなくなる。治療は継続中。

 

考 察)

身体がこじれている方は、回復するのに時間がかかります。この方は、施術の間隔があまり空かないように来院した事と、お灸をしっかりおこなった事で不眠が解消されてきた考えられます。

 

自律神経失調症の鍼灸症例
更年期障害によるめまい・動悸・息苦しい・喉の違和感・肩こりの症状

東洋医学による腹診

来院日)平成28 6月27日

 

患 者)40代女性

 

症 状)血の気が下がる眩暈と動悸・息切れ・喉の詰まり・肩こり

 

一か月ぐらい前から急に血の気が下がるような感じの眩暈が起きる。その後、動悸がするので心配になり、またなってしまったらどうしようと不安になる。

 

経 過)

年齢から考えると更年期障害が現れやすい時期になります。

身体の状態を確認すると、免疫力の低下・肝臓の弱り・骨盤内の血流が悪い・ストレスによる自律神経の乱れがあるようでした。

骨盤内の血液循環が悪いと、眩暈をひきおこしやすい状態になります。

第一回目は、これらを改善する施術をしました。

 

第二回目は、少し調子が良かったけれど夕方に動悸があったそうです。

 

第3回目は、身体の調子は半分ぐらい良くなったそうです。しかし、頭痛がするのが気になる。骨盤内の血流が良くなったようでが、少し流れる血液が少ないようなので、増やすような施術を行う。

 

第4回目は、8割調子がよいそう。頭痛もなくなっていました。

 

※同じ症状でも効果には、個人差があります。

自律神経失調症の鍼灸症例
子宮筋腫・卵巣摘手術後に起こった❝更年期様の症状❞
頭痛・肩こり・顔のつっばり・手足のこわばり・動悸

来院日)平成27年7月8日

 

患 者)40代女性

 

症 状)頭痛・肩こり・顔のツッパリ・手足のこわばり・動悸

子宮筋腫・卵巣摘出の手術後から上記の症状が現れる。病院ではホルモン補充療法を行っている。体調が悪いので仕事を休んでいる。

頭痛の部位と顔のツッパリ感
東洋医学による腹診

治療と経過)

子宮筋腫と卵巣の摘出手術により、かなり下腹部の血流が悪くなっているようだった。そして、卵巣を摘出した影響で脈も細く全身の血流が悪い。また、自律神経の乱れもある。

第一回目の施術は、お腹の滞っている血液が流れるようにするツボに鍼をし、自律神経とホルモンバランスを整える鍼も行う。

 

第二回目は、少し頭痛が良い感じがするが、まだまだ痛い。瘀血(おけつ)の反応が強いので、腹部の血液の流れが良くなるように集中して行う。

 

第三回目。電車に乗っても動悸が起きないと聞く。

 

第4回目。身体が一番辛い時を10だとすると、7ぐらいになってきたと聞く。

 

第5回目。身体の辛さは、5ぐらいになる。

 

第6回目。身体の辛さは、3ぐらいになる。しかし、手のしびれが気になる。

 

第7回目。手の痺れは、気にならない。自律神経の乱れも落ち着く。なんとか仕事に行けそうとお聞きする。

 

その後も施術を継続し、少し症状は残るが仕事ができるようになる。

 

考 察)

子宮や卵巣などの手術で下腹部を切ると、血液の流れが滞り瘀血(おけつ)ができやすくなる。そして、卵巣を摘出する事によって、ホルモンバランスが崩れると同時に自律神経の乱れも起きるようになる。

そうすると、さばざまな症状が出現する急激な変化に、自分に何が起こっているのかわからず不安になってしまう方が多いようです。

しかし、このような状態の時は、東洋医学の得意分野で身体の反応に合わせて施術を行う事によって、体が快方に向かいます。

 

※同じ症状でも効果に個人差があります。

自律神経失調症の鍼灸症例
更年期(自律神経・ホルモンバランスの乱れ)による、背中・腰のゾクゾク、動悸、手のしびれ、動悸

東洋医学による腹診

来院日)平成27年1月21日

 

患 者)30代後半

 

症 状)背中・腰のゾクゾク、動悸・手足のしびれ・不眠・足の冷えなどがある。

来院する半月ほど前から上記の症状が現れる。病院で検査をするが異常がないと言われ来院する。

 

治療の経過)

脈の状態から骨盤内の血液が少ないように感じる。卵巣の機能低下があるように思われる。

第一回目。お腹と骨盤内の血液循環を良くする。自律神経の乱れもあるようなのでこれも処置しておく。

 

第二回目。肩が張り、手のしびれ、ゾクゾク(寒気)が気になる。自宅でお灸をしてもらう。

 

第三回目。全体の辛さが最初10だとすると、5ぐらいになる。

 

第五回目。一週間の間に一度だけ、手に痺れが起こる。ゾクゾク(寒気)はある。

 

第六回目。肩こりが気になる。

 

第7回目。手のしびれはない。動悸もない。ゾクゾク(寒気)は、たまにある程度になる。

やや症状が残るがそれ程辛くないので治療を終える。

 

考 察)

こちらの方は、まだ30代後半と若いのです。しかし、卵巣の機能低下を現す更年期のような症状が出ていました。

自律神経失調症の鍼灸症例
頭痛・眩暈(めまい) 

東洋医学による腹診

来院日)平成26年12月6日

 

患 者)40代女性

 

主 訴)頭痛・めまい

風邪を引いてから急に調子が悪くなり、頭痛・めまいがある。以前もこのような状態になって動けなくなってしまった事がある。10年前に妊娠中に良性発作性頭位めまい症になった。

 

随伴症状)イライラ・不眠・足の冷え・咳・生理不順

 

治療の経過)

脈の状態や腹診・ツボの反応からも自律神経の乱れがあるようでした。また、風邪も引いていたので免疫力の低下も当然ありました。お腹の血流も悪いようだったのでそれらを改善するツボに鍼をして第一回目の治療をする。

 

第2回目は、5日後に来院されたので調子を聞くと頭痛と眩暈(めまい)は次の日にはなくなっていたそうです。

 

第3回目は、頭痛と眩暈はない。少し肩が張っているとお聞きするが体調は悪くない。

 

考 察)

眩暈(めまい)の施術は、2~3カ月続けていると改善してくる事が多いです。

この方場合は、良性発作性頭位めまい症になってしまうのでは?と不安になっていましたが、すぐに良くなっているので良性発作性頭位めまい症ではないと思われます。

この方の場合は、自律神経の乱れや免疫力の低下・骨盤内の鬱血が影響していたと思われます。

 

※同じ症状でも効果には個人差があります。

自律神経失調症の鍼灸症例
ストレスによる腰痛。冷え症・耳鳴り・便秘・イライラ

来院日)平成26年7月9日

 

患 者)20代女性

 

症 状)腰痛(ぎっくり腰)

数日前から急に腰が痛くなり座ったり・立ったり・かがんだりする時に腰が痛む。病院では、ヘルニアの疑いがあると言われる。また、会社での仕事のストレスを抱えている。

腰の痛む場所
東洋医学による腹診

治療の経過)

腹診でお腹を軽く押すと、どこを押しても痛く感じる。このような方は、自律神経が乱れている。また、ストレスがあると反応がでるポイントを押すと痛がる。

自律神経失調を改善する治療を中心に施術を行い、第一回目を終える。

治療中は、鍼をしている最中から眠いとお聞きする。交感神経の緊張が緩んだ影響かと思われます。

 

第二回目。昨日の治療後は、腰が楽だった。朝も楽だったので仕事に行き立ったり、座ったりしていたら、また痛くなる。

 

第三回目。痛みの程度は、始めを10とすると5ぐらいに減ったと聞く

 

第4回目。痛みの程度は、始めを10とすると3ぐらいになる。

 

第五回目。腰の具合は、良い。

 

考 察)

仕事のストレスにより、いつも交感神経が緊張していた為に血行不良となり腰の筋肉や関節も硬くなっていたと思われます。硬い筋肉や関節は、弾力がなく伸び縮みがうまくできないので、ちょっとした動作で腰の筋肉や関節を傷めてしまいます。

病院では、ヘルニアの疑いがあると言われたそうですが、短期間に回復しているのでヘルニアではないと思われます。

 

※同じ症状でも効果には、個人差があります。

 

《 ご予約方法 》
おかだ鍼灸院は、完全予約制です

《予約について》
おかだ鍼灸院では、施術の質を落とさない為に新規の方は、一日限定3名になります。
また、一日に診られる患者さまには、限りがあります。早めにご連絡ください。

《ご予約方法》
担当者が「おかだ鍼灸院・おかだ接骨院です」と電話にでます。
そうしましたら、
予約を取りたいのですが」、とおっしゃって下さい。

 

0480-53-3671
受付時間

平日8:00~18:00迄(土曜日12:00迄)

上記の時間帯が、電話予約の受付時間になります。

 診療時間 
平日 (午前) 8:30~12:30 
   (午後)14:00~18:30

土曜日(午前) 8:30~13:00
 
休診日

土曜日午後・日曜日・祝日

初めての方は、
こちらをご覧ください!

プロフィール

岡田匡史(おかだまさし)
1978年生まれ
経歴

1日400人以上来院する整形外科・都内の鍼灸整骨院で鍼灸の施術とリハビリを担当する。

ブログ最新情報!!
はり灸専門ーおかだ鍼灸院
新着情報!

アクセス

0480-53-3671
おかだ鍼灸院のご案内

埼玉県久喜市・白岡市・幸手市で鍼灸院をお探しの方へ!

住所
埼玉県幸手市中4−18−16
幸手駅より徒歩 早歩き10分
       ゆっくり15分
近隣からのアクセス時間
久喜市(駅)から車で15分
新白岡(駅)から車で20分
電話による受付時間
平日8:00~18:00迄
   ※土曜日12:00迄  
診療時間
【平日】
午前 8:30~12:30
午後14:00~18:30
【土曜】
午前 8:30~13:00
 
定休日
土曜日午後・日曜日・祝日
 
専用駐車場2台有り
①・②に駐車できます