埼玉県久喜市・白岡市・幸手市で鍼灸院をお探しの方

自律神経失調症専門おかだ鍼灸院 

   久喜駅から車で15分・新白岡駅から車で20分・幸手駅から徒歩15分

受付対応
8:00~18:00 土曜12:00迄
営業時間
平 日 午前 8:30~12:30
    午後 2:00~ 6:30
土曜日 午前 8:30~13:00
定休日
土曜日午後・日曜日・祝日

完全予約制の鍼灸院 

新規の方は、限定1日3名迄

0480-53-3671
自律神経失調症専門

機能性ディスペプシアと鍼灸症例

【筆者】おかだ鍼灸院(院長)
岡田 匡史

機能性ディスペプシアとは?

検査をしても異常のでない胃の不調を機能性ディスぺプシアと呼びます。そして、ストレスと関連があると言われています。

症状
  1. 食後のもたれ感、早期膨満感を主体とした食後愁訴症候群          
  2. 心窩部痛、心窩灼熱感を主体とした心窩部痛症候群
診断基準(Rome Ⅲ)

【除外条件】

・症状の原因となりそうな器質的疾患が確認されない

【罹病期間】

・六か月以前から症状があり、最近3ヵ月間は下記の症状を認める

【症 状】

以下の項目が1つ以上あること

  • つらいと感じる食後のもたれ感
  • 早期飽満感
  • 心窩部痛
  • 心窩部灼熱感
機能性ディスペプシアの有病率

機能性ディスペプシアの有病率は、日本人において、健康診断受診者の11~17%とされており、病院を受診して、「上腹部症状」を訴えた患者の45~53%にみられるとしている。機能性ディスペプシアは、若年者が高齢者よりも発症しやすく、女性が多いと欧米の調査研究では報告されている。

生活習慣に気をつけること

機能性ディスペプシアに良くない生活習慣は、「食習慣」・「嗜好品」・「日常生活の問題」が挙げられる。良くない食習慣には、脂っこい物・甘い物・刺激が多い物の取りすぎ・早食い・深夜の食事などの不規則な食生活などが挙げられる。

 

喫煙や過度のアルコール摂取など嗜好品も良くない。過労・睡眠不足・ストレス・運動不足も機能性ディスペプシアに好ましくない生活習慣となる

薬物療法

【病院で行われている治療法】

  • 消化管運動機能改善薬(モサプリド・アコチアミド)
  • 酸分泌抑制薬
  • H.pylori除菌療法
  • 抗不安薬・抗うつ薬
  • 漢方薬

機能性ディスペプシアの鍼灸症例2

機能性ディスぺシアの鍼灸症例2

食後の吐き気・食欲不振・胃が重い

来院日)平成30年11月10日

 

患 者)27歳女性

 

主 訴)

食後の吐き気・食欲不振・胃が重い・少量しかご飯を食べられない。

 

約一年前より、上記症状が現れる。病院で胃カメラを行うが異常なし。機能性ディスぺシアと診断され「アコファイド」を処方される。

 

しかし、食後の吐き気・食欲不振・胃が重い・少量しかご飯を食べられない状態が、約一年も続く。固形物を食べると調子が悪くなるので、春雨スープなどを飲んでいた。それでも、調子の悪い時は、水を飲んでも胃の不調が出てしまう。体重も減った。

 

その間、自律神経失調症の整体院にも、一週間に一度の割合で通っていたけれど、改善がみられない。

 

たまたま、おかだ鍼灸院のホームページ(機能性ディスぺシア症例1)をみて来院する。

 

治療と経過)

お腹の状態・脈の状態から

1.瘀血(おけつ)による内臓の循環障害がある事

2.肝臓の弱り

3.脾臓の弱り

などの影響を受けて、胃の不調が回復しない事が分かる。

 

これらを改善するツボに、はりを行い第一回目の施術を終える。

 

第二回目)

来院日の昼食は、ブロッコリーを食べただけ。胃の症状に変化がなかった。

瘀血(おけつ)の改善を重点的に行う。施術後、「お腹が少し空いた」とお聞きする。

自宅でお灸をするように勧める。

 

第三回目)

食欲が少し出てきた。胃のもたれも減ってきた。便秘が気になるようだが、食べていないので出ないのは、気にしないように伝える。

 

第四回目)

お茶碗に軽く一杯のごはんが食べられるようになる。

 

第五回目)

胃の具合は、6割ほど良い。しかし、食べた後は、ちょっとスッキリしない感じがある。

 

第六回目)

今日の昼食は、サケを食べたと聞く。以前は、ブロッコリーや春雨スープなどと聞いていたので、胃の具合が良くなってきたのがわかる。

 

第七回目)

調子が良くなってきたので、お正月に食べ過ぎて悪化してしまうのでは?と、私は心配していた。しかし、本人が気をつていたようで、問題なかった。

胃の具合は、8~9割程良いと聞く。食後の胃のもたれもない。体重は、二㎏増えた。

 

その後)

8か月後の7月10日には、体重が5㎏増えて以前の体重に近づいてきた。お灸は、自宅で毎日継続しているとお聞きする。

 

※去年は、食後の吐き気・食欲不振・胃が重いなどの影響で食べられなくなり、体重が10㎏減っている

 

考 察)

回復を阻害する原因は、機能性ディスぺシア1の鍼灸症例と同じく、瘀血(おけつ)による内臓の循環障害を強く受けていた。

→瘀血(おけつ)が分からない方は、こちら

 

第二回目までは、症状の変化がなかったが、瘀血(おけつ)を改善する事に重点に行ってから、症状の改善がみられ始めた。

また、本人が、自宅でのお灸を頑張ってくれたおかげで「機能性ディスぺシア」と診断された食後の吐き気・食欲不振・胃が重い・少量しかご飯が食べられないという症状が改善されたと思う。

機能性ディスペプシアの鍼灸症例1

機能性ディスぺシアの鍼灸症例1

胃のもたれ・背中の痛み

来院日)平成29年9月8日

 

患 者)72歳女性

 

主 訴)食後の胃のもたれ・背中の痛み

一年ぐらい前から、昼食を食べた後に胃のもたれ・背中の痛みが起こる。背中の痛みは、夜になると余計に痛む。このような状態だったので寝込んでいた。

 

そして、「外出する気持ちもないし」・「何かをやる気にもなれない」。

 

病院では、検査をしたけれど特に異常がなく「機能性ディスペプシア」と診断された。薬を服用しているが、効果を感じない。

 

以前、都内にある鍼灸院で治療を受けていた頃、体の調子が良かった。鍼灸で胃のもたれ・不快感・背中の痛みが楽になる事を期待して来院される。

 

治療の経過)

腹診で、この女性の身体の状態を調べると、特に免疫力の低下・瘀血(おけつ)による内臓の血液循環障害をうかがわせる反応がある。

免疫直の低下(慢性扁桃炎)瘀血(おけつ)を知りたい方は、こちら

 

この影響により食後の胃のもたれ・不快感・背中の痛み(機能性ディスペプシア)が回復しないと考える。

 

施術は、免疫力(慢性扁桃炎)の改善と内臓の血液循環を良くするツボを使う。

 

第2回目の施術

背中のが重い・ガスが溜まりやすいなどがある。症状に変化なし。

 

第3回目の施術

昼食後に胃のもたれ・背中の痛みあり。

 

第4回目の施術

胃のもたれ・背中の痛みが軽減する。

今まで調子が悪く「家から出たくない」・「やる気がしない」などの気持ちであったけれど、何かをしようという気持ちになってきた。

 

第5回目の施術

最近、調子が良くなり物置の整理をしたかったので始めた。

 

第8回目の施術

泊りがけで、孫とディズニーランドに行く事ができた。完璧ではないけれど、大分調子よい。

また、旅行に行けそう。

 

ただ、急に動けるようになり、日常生活の事をやりすぎて体が疲れた。

 

現在も治療を継続中。(平成29年11月27日)

 

 

考察)

扁桃病床感染症の中には、食欲不振・むかつき・腹痛などの消化器症状も出る事が知られています。この影響により胃のもたれ・背中の痛みが現れていたようでした。また、瘀血(おけつ)による内臓の血液循環障害のため、慢性化していたようです。

 

3回目までは、変化がありませんでしたが、4回目から急に身体が好転してきました。

 

「すぐに効果って現れないの?」と思うかたもいると思いますが、1年間(365日)も薬を服用しても改善しなかった不調が4回目で変わってくるのは、かなり鍼灸の感受性の高い方だと思います。

 

いろいろな不調で、鍼灸をお試しで1~2回受けにくる方もいますが、慢性化したものは、改善するのに時間がかかるものです。

 

あちらこちらに、ドクターショッピングをして遠回りをしている方も見うけられます。少し腰をすえて施術を受けるのも大切です。

 

【参考図書】

・1336専門家による私の治療(日本医事新報社)

・病気がみえる①[消化器](MEDIC MEDIA)

・鍼灸臨床指針(ヒューマンワールド)

おかだ鍼灸院は、完全予約制です!

《予約について》
おかだ鍼灸院では、施術の質を落とさない為に新規の方は、一日限定3名になります。
また、一日に診られる患者さまには、限りがあります。早めにご連絡ください。

《ご予約方法》
担当者が「おかだ鍼灸院・おかだ接骨院です」と電話にでます。
そうしましたら、
予約を取りたいのですが」、とおっしゃって下さい。

 

0480-53-3671
受付対応

平日8:00~18:00迄(土曜日12:00迄)

上記の時間帯で、電話予約の受付対応をしております。

 営業時間
【平日】 
 8:30~12:30 
14:00~18:30

【土曜日】 
8:30~13:00
 
休診日

土曜日午後・日曜日・祝日

初めての方は、
こちらをご覧ください!

プロフィール

岡田匡史(おかだまさし)
1978年生まれ
経歴

1日400人以上来院する整形外科・都内の鍼灸整骨院で鍼灸の施術とリハビリを担当する。

取得国家資格

・はり師
・きゅう師
・あん摩マッサージ指圧師
・柔道整復師

アクセス

おかだ鍼灸院のご案内
住所
埼玉県幸手市中4−18−16
 
近隣からのアクセス時間
久喜市(駅)から車で15分
新白岡(駅)から車で20分
 
専用駐車場2台有り
①・②に駐車できます