埼玉県幸手市・久喜市で鍼灸院をお探しの方

自律神経失調症専門おかだ鍼灸院 

                  幸手駅から徒歩15分・久喜駅から車で15分

受付対応
8:00~18:00 土曜12:00迄
営業時間
平 日 午前 8:30~12:00
    午後 2:00~ 6:00
土曜日 午前 8:30~12:00
定休日
土曜日午後・日曜日・祝日

完全予約制の鍼灸院 

新規の方は、限定1日3名まで

0480-53-3671
久喜市・幸手市の鍼灸院

ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)と鍼灸治療

【筆者】岡田 匡史(鍼灸師)

ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)について

腱鞘炎

ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)は、手首の親指側に起こる腱鞘炎です。

 

特に、『日常的に手指を良く使う人』・『更年期の女性』・『妊娠・出産期』などに起こりやすいと言われています。

 

この腱鞘炎になってしまい病院へ行くと、

『湿布』や『痛み止め』を処方されたり・ビリビリと電気をかけたり(電気治療)・マッサージや固定などの処置をしてもらう事でしょう。

 

そして、痛みが強い方には、『ステロイド注射』をする事もあります。

 

 

ただ、頻回にステロイド注射をすると腱が弱くなってしまい、切れてしまう事もあるので注意が必要です。

 

この腱鞘炎になってしまったら、なるべく使わないように努力をし『腱の炎症』を鎮める事が大切です。

 

ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)のテスト方法

腱鞘炎のテスト方法

ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)に「なっている?」・「なっていない?」を、知るには、Eichhoff(アイヒホッフ)テストをやってみて下さい。

 

このテスト方法は、親指を手の中に入れてグーを作ります。

 

そして、小指側に手首を曲げて痛みを生じる場合は、ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)になっています。

 

腱鞘炎の炎症を鎮めるツボ

腱鞘炎の炎症を鎮めるツボ

腱鞘炎の炎症を鎮めてくれる『ツボ』は、膝の外側にあります。

(膝の外側を触ると出っ張っている骨(腓骨頭)のすぐ下)

 

そのツボの名前を『陽陵泉(ようりょうせん)』と、言います。

 

この陽陵泉は、筋(すじ)の疾患に効果を発揮すると言われているので、ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)でお困りの方にお勧めのツボになります。

 

この陽陵泉に、『台座灸(だいざきゅう)』と呼ばれるお灸を行います。毎日、続けていくと、スジの炎症も鎮まり楽になっていきます。

 

【注意】

一般の方は、痛い所にお灸をしがちですが、炎症が強い所にお灸をすると悪化するおそれがあるので止めましょう。

台座灸のやり方

鍼灸治療について

鍼灸治療

鍼灸治療は、注射と違い『痛み止め』ではありません。

 

その為、手首が痛いからといって、ブスブス手首に鍼を刺す事をしません。

 

どのような治療をするのかというと、

人間が持っている治そうという力(自然治癒力)が、しっかり働けるようにお手伝いをします。

 

具体例としては、

腱鞘炎になりやすいのは、『更年期の女性』と言われています。

 

これは、女性ホルモンと関係があります。

 

更年期の女性は、卵巣機能が衰えて『女性ホルモン』の分泌が減ります。その事情により、血流が悪くなり腱鞘炎になりやすいのです。

だから、鍼灸院に来られる方の中には、『あまり手指を使った記憶がないのに痛くなった』・『若い時は、もっと手指を使っても大丈夫だったのに・・・』などの声を聞くのです。

 

このような場合、

鍼灸治療では、『卵巣』や女性ホルモンを分泌すると言われる『副腎』に働きかけます。

 

そうする事により、血流が良くなり腱鞘炎の回復につながります。

 

これは、一例に過ぎませんが、『免疫力の低下(慢性扁桃炎)』・『瘀血(おけつ)』などの影響もあります。

 

もし、『湿布を貼り続けているけれど改善がみられない』・『注射をしたくない』・『痛み止めを服用するのは嫌!』と、いう方は、身体の大元から治療をする鍼灸を選んでみてはどうでしょう。

関連記事

プロフィール

岡田匡史(おかだまさし)
1978年生まれ
経歴

1日400人以上来院する整形外科・都内の鍼灸整骨院で鍼灸の施術とリハビリを担当する。

取得国家資格

・はり師
・きゅう師
・あん摩マッサージ指圧師
・柔道整復師

所在地

おかだ鍼灸院
住所
埼玉県幸手市中4−18−16
 
駐車場有り
①・②に2台駐車できます
パーキング荒宿