埼玉県久喜市・白岡市・幸手市で鍼灸院をお探しの方

自律神経失調症専門おかだ鍼灸院 

   久喜駅から車で15分・新白岡駅から車で20分・幸手駅から徒歩15分

受付対応
8:00~18:00 土曜12:00迄
営業時間
平 日 午前 8:30~12:30
    午後 2:00~ 6:30
土曜日 午前 8:30~13:00
定休日
土曜日午後・日曜日・祝日

完全予約制の鍼灸院 

新規の方は、限定1日3名迄

0480-53-3671
埼玉県久喜・幸手・白岡

坐骨神経痛の鍼灸症例

【坐骨神経痛7】右臀部・脛の外側・親指に痛みと痺れ

来院日)令和元年8月29日

 

患 者)70代女性

 

主 訴)右坐骨神経痛

一ヵ月ほど前に、急に右臀部・脛の外側・親指に痛みと痺れを生じるようになった。

 

最初は、お尻が痛くて座る事もできなかった。現在は、座る事ができるがお尻が痛い!

 

また、寝ている時も、うずくような痛みが右臀部・脛の外側・親指に起きている。

 

以前、整形外科で検査をしたところ、脊柱管狭窄症だと言われた事もある。

 

また、30代の頃に腰痛を発症した事があり、整形外科で注射を打ってもらったところ、息ができなくなる症状が現れた。それ以来、注射は怖い。また、その当時に鍼灸を受けて良かったので、おかだ鍼灸院に来られたと聞きます。

 

施術と経過)

腰を反ろうとすると、右臀部への痛みが放散する。また、仰向けて寝ていると、臀部・脛の外側・親指に痛みと痺れが起きる。

 

脈の状態をみると、脾臓の弱りを感じる。また、腰や臀部の筋肉も硬い。これらを改善するツボに、鍼を行う。

 

第二回目

夜中に痛みで目が覚める事がなくなった。しかし、朝起きた時は、痛いみが強い。

鍼だけでなく、お灸も施術に加える。

また、家でもお灸をするように勧める。

 

第三回目

脛の外側と親指の痛みと痺れは、最初を10とすると、2まで急激に減った。

腰を反ってもらうと、初めて来た時と異なり動きが良い。また、痛みも少ない。

 

第四回目

脛の外側と親指の痛みと痺れは、なくなった。臀部の痛みもほぼなくなった。

ただ、朝起きた時は、本調子ではないとお聞きする。

 

施術は、継続中

 

考 察)

この女性は、若い時から腰痛持ちで、整形外科では脊柱管狭窄症だと言われている。しかし、脊柱管狭窄症の特徴的な間欠性跛行は、みられない。

 

少し、疑問は残るが、70代ともなると腰の変形がある事は確かだと思います。

 

最初、腰を反る事により脛の外側と親指の痛みと痺れを誘発していたのは、神経が腫れていた為と考えられます。

 

これは、腰を反る事により、神経が出てくる出口が狭くなり神経を圧迫していたからです。

坐骨神経痛の解説図

しかし、腰の循環を良くした事・筋肉を緩めて神経の出口の圧力を弱めた事により、神経の腫れが引けて徐々に坐骨神経痛が消失していったと考えられます。

 

ただ、今回は鍼灸施術で良い結果を出す事ができましたが、脊柱管狭窄症があると言われているようなので、再発しないように予防も大切だと考えます。

 

※施術の効果には、個人差があります。

【坐骨神経痛の鍼灸症例6】左ふくらはぎが張ったように痛い!

来院日)平成31年4月2日

 

患 者)64歳女性

 

主 訴)

膝裏からふくらはぎの張った痛み・左膝関節痛

 

2年ぐらい前から膝裏~ふくらはぎが張ったように痛い。右側の膝が、痛い時もあった。

左膝関節の内側も少し痛い。

整形外科では、膝の変形があるという事で、ヒアルロン酸の注射を受けたり・痛み止めを処方されていた。

 

東洋医学に興味を持っていたので、おかだ鍼灸院に来られる。

【坐骨神経痛の鍼灸症例5】
腰を反ると右腰から右臀部・大腿後面への痛み

来院日)平成31年1月26日

 

患 者)55歳女性

 

主 訴)右坐骨神経痛

右腰から右臀部・右大腿後面の痛み

 

一週間前から上記の症状が出るようになった。仕事では、中腰の姿勢での作業もあったので腰に負担がかかった。特に、腰を後ろに反ると腰から臀部・大腿後面への痛みが出る。

 

以前、テニス肘でおかだ鍼灸院に通院したことがある。

【坐骨神経痛の鍼灸症例4】
立っていると右臀部から右足先まで痛みとしびれが起こる

坐骨神経痛の鍼灸症例4

来院日)平成30年1月5日

 

患 者)30代女性

 

主 訴)右坐骨神経痛

去年の秋から、右臀部から右足先まで痛みと痺れが起きるようになった。特に立っていると痛みが起こる。病院で処方された薬を服用すると、眩暈(めまい)と吐き気がする。

10年ぐらい前に、産後にぎっくり腰をやる。それ以来、腰に違和感がある。

 

既往歴)卵巣嚢腫

 

治療の経過)

お腹の状態を診ると、血液の滞りをうかがえる。そして、免疫系の弱り(扁桃腺の弱り)がある。

施術は、それらを改善するツボと、臀部の筋緊張を緩めるツボに鍼をして終了とする。

 

第二回目

前回施術を受けて、よく眠れた。自宅でも坐骨神経痛を改善させる為に、お灸を勧める。

 

第三回目

久しぶりに来院する。2週間ぐらい前から、仕事で立っているときつくなった。

 

第四回目

以前は、右臀部から右下肢の全体に痛みがあったが部分的になる。立っていても気にならない。大分調子が良いとの事。

 

考 察)

この女性の回復を阻害する原因としては、「血液の滞り」と「免疫力の低下(扁桃病巣感染症)」が関係していました。血液の流れが悪いと、筋肉や神経に栄養が行きわたらない。免疫力の低下は、結合組織に炎症を起こしやすいという影響があります。

施術を受けた後は、坐骨神経痛の痛みが改善するようでした。しかし、この女性は、一日中立っている仕事の影響で、腰に負担がかかっていた事。そして、回復の途中で施術が空き過ぎてしまった事もあり、症状の再燃を起こす事がありました。

 

 

※施術の効果には、個人差があります

【坐骨神経痛の鍼灸症例3】
数百メートル歩くと大腿やふくらはぎの外側が痛む

坐骨神経痛の鍼灸症例3

来院日)平成28年8月12日

 

患 者)70代女性

 

主 訴)左坐骨神経痛

数日まえから、左側のもも・ふくらはぎの外側が痛い。病院でレントゲンを撮ってもらうと、L4・L5付近の骨の隙間が狭くなっていると言われる。

 

既往歴)めまい

 

 

 

【坐骨神経痛の鍼灸症例2】
少し歩くとお尻から脛(すね)の外側に痛みとしびれが起こる

坐骨神経痛の鍼灸症例2

来院日)平成28年3月22日

 

患 者)60代男性

 

主 訴)左坐骨神経痛

以前より膝が痛くて、整形外科に通院し膝にヒアルロン酸の注射をしていた。

 

膝の痛みが落ちついてきてから、3カ月ほど前から坐骨神経痛が現れて注射をしてもらっていた。

注射をした後は、1~2日は調子が良いが、だんだん痛くなってしまう。

 

以前、鍼を受けた際に調子が良かったので来院する

 

治療の経過)

少し歩くとお尻から脛(すね)の外側に痛みと痺れが起こる。おかだ鍼灸院の駐車場から受付まで歩いてくると、痛みと痺れが起こる。お風呂に入ったあとも少し痺れが強くなる。

 

お腹の状態としては、瘀血(おけつ)の反応がある。また、腰部の脊柱起立筋の緊張が強い。

 

血行を良くするツボに鍼をして、脊柱起立筋の緊張を緩めていく。腰の筋肉の緊張が強いと神経が圧迫されてしまうし、腰部の血行も悪くなってしまうので行った。また、お尻の筋肉の緊張もとる鍼をした。

 

第二回目

少し良い感じ。しかし、駐車場から歩いてくると痛みと痺れが起こる。

 

第三回目

以前より半分くらい調子が良い。今日は、駐車場から歩いてきても大丈夫。

 

第四回目

ほとんど問題なし。お風呂に入った後の痛みと痺れもない。

 

考 察)

こちらの方は、歩くと痛みと痺れが起きて辛いようでした。血流を良くする事と腰とお尻の筋肉の緊張を緩めていくことで、一か月ほどで痛みと痺れが取れました。

 

 

※施術の効果には、個人差があります。

【坐骨神経痛の鍼灸症例1】
3ヵ月前からの腰・尾骨の痛みと太もものしびれ

坐骨神経痛の鍼灸症例1

来院日)平成26年7月24日

 

患 者)40代女性

 

症 状)腰痛・左のお尻からももの裏側の痛み・痺れ

 

3カ月前から尾骨の付近が特に痛くなり、腰痛・左のお尻からももにかけて痛みと痺れがある。

 

整形外科では、骨に異常がないと言われて注射をしてもらう。注射をすると一時的に痛みを感じなくなる。

 

2週間ほど前から、立ったり・座ったりするのが痛くて大変になる。当院に来る前に鍼灸整骨院で骨盤が歪んでいると言われて矯正を受ける。

 

しかし、施術を受けている回りの人達を見ると、同じ矯正をする人ばかりなので、ひとりひとりをしっかりと診ているのか疑問になり、当院へ来院する

 

治療の経過)

まず肝臓の弱りがあるので、肝臓の機能が回復するツボに鍼をする。肝臓が弱っていると、血液の配分がうまくいかず、腰の筋肉に栄養が運べない為。その後、血液循環を良くし筋肉の緊張を緩める鍼と免疫力も高めて第一回目の施術を終える。

 

第二回目

昨日の夜まで調子が悪かったが朝起きると動けるようになる。最初の痛みを10とすると、7ぐらいになる減る。

 

第三回目

痛みは、5ぐらいに減る。鍼をすると眠くなる。

 

第4回目

痛みは、2ぐらい。ほとんど良い。

数ヵ月後に来院した際にお聞きすると、第4回目以降は腰痛・お尻からももの痛みと痺れがなかったと聞く。

 

考 察)

一般の方は、腰痛であれば腰だけに鍼をすると思われがちですが、自然治癒力を阻害するものを除去するお手伝いをするだけで、自然と身体は良い方向に舵をきっていきます。

 

 

※同じ症状でも効果に個人差があります。

おかだ鍼灸院は、完全予約制です!

《予約について》
おかだ鍼灸院では、施術の質を落とさない為に新規の方は、一日限定3名になります。
また、一日に診られる患者さまには、限りがあります。早めにご連絡ください。

《ご予約方法》
担当者が「おかだ鍼灸院・おかだ接骨院です」と電話にでます。
そうしましたら、
予約を取りたいのですが」、とおっしゃって下さい。

 

0480-53-3671
受付対応

平日8:00~18:00迄(土曜日12:00迄)

上記の時間帯で、電話予約の受付対応をしております。

 営業時間
【平日】 
 8:30~12:30 
14:00~18:30

【土曜日】 
8:30~13:00
 
休診日

土曜日午後・日曜日・祝日

初めての方は、
こちらをご覧ください!

プロフィール

岡田匡史(おかだまさし)
1978年生まれ
経歴

1日400人以上来院する整形外科・都内の鍼灸整骨院で鍼灸の施術とリハビリを担当する。

取得国家資格

・はり師
・きゅう師
・あん摩マッサージ指圧師
・柔道整復師

アクセス

おかだ鍼灸院のご案内
住所
埼玉県幸手市中4−18−16
 
近隣からのアクセス時間
久喜市(駅)から車で15分
新白岡(駅)から車で20分
 
専用駐車場2台有り
①・②に駐車できます