埼玉県幸手市・久喜市で鍼灸院をお探しの方

自律神経失調症専門おかだ鍼灸院 

                  幸手駅から徒歩15分・久喜駅から車で15分

受付対応
8:00~18:00 土曜12:00迄
営業時間
平 日 午前 8:30~12:00
    午後 2:00~ 6:00
土曜日 午前 8:30~12:00
定休日
土曜日午後・日曜日・祝日

完全予約制の鍼灸院 

新規の方は、限定1日3名まで

0480-53-3671
埼玉県幸手市・おかだ鍼灸院

手首の腱鞘炎(ドケルバン病)の鍼灸症例

腱鞘炎

腱鞘炎(ドケルバン病)の鍼灸症例

来院日)令和4年9月12日

 

患 者)50代女性

 

症 状)左手首の腱鞘炎(ドケルバン病)

令和3年12月頃から左手首に「痛み」と「腫れ」を生じるようになる。整形外科でみてもらったところ、腱鞘炎と言われ注射をしてもらっていた。

 

また、手首を動かさないように固定具(サポート)をするように言われ、つけていた。

 

しかし、腱鞘炎は、回復の兆しがなく友人の勧めで「おかだ鍼灸院」に来られる。

 

施術と経過)

手首をみさせてもらうと、良い方の手首に比べて、撓骨茎状突起部がかなり腫れている。

 

また、手首は、背屈・掌屈・撓屈・尺屈の動きが全く出来ない。(※下記の画像を参考)

 

軽く手首に触れるだけで、激痛が走るようだった。

脈をみさせてもらうと、ピンピンと硬い「緊脈」をうっている。これは、痛みの為・もしくは、交感神経の過緊張を表わす。

 

また、喉の弱り(扁桃病巣感染症)を表すツボに反応がある。

これらを改善するツボに鍼をし、最後に手首の腫れに効果を発揮するツボにお灸をする。

 

本人は、手首(患部)にお灸をすると思っていたようですが、足にお灸をしていたので、不思議そうな顔をされていた。

 

最初、お灸(透熱灸)を31壮程行うと、「手首がピリピリしてきた」と、お聞きした。

また、反対側の足にもお灸をすると、「ピリピリが無くなった」と、おっしゃっていました。

 

そこで、手首を動かすように伝えたところ、全く動かなかった手首が、やや背屈・掌屈ができるようになる。

 

ただ、撓屈・尺屈の動きはできない。

 

あまりに症状が重いので、第一回目から自宅でお灸をするように、「透熱灸」のやり方を伝えた。

■第二回目

前回の施術から、背屈・掌屈が出来るようになる。しかし、やや動くというだけで、痛みは激痛との事。

 

手首の腫れは、相変わらず変わらない。

 

■第五回目

自宅でお灸をすると、「調子が良い」とお聞きした。

 

■第六回目

自宅のカーテンを洗ったり、照明器具の掃除をしたら悪化した。

 

喉の弱り(扁桃病巣感染症)に対するお灸をし、手首の腫れに効くツボには、31壮⇒51壮に増やす。

 

そうすると、施術中に手首の腫れが引いてきた。

本人は、その現象をみてビックリしていたが、私も驚いた。

 

■第八回目

固定具(サポーター)を外す事ができるようになった。

また、撓屈・尺屈の動きも少しできるようになる。

 

■第十回目

鍼灸院で51壮のお灸をしてもらうと、楽になる事がわかり、家でも時間がある日は、50壮するようになった。

 

それから、更に腫れが減少し、動きも良くなる。

 

■第十二回目

手首を動かしても、全く痛くなくなった。

 

「これからは、身体のメンテナンスで通いたい」と、お聞きしたので、一ヵ月に1度来られるように伝えて施術を終えた。

 

 

考 察)

この女性の腱鞘炎の根底には、喉の弱り(扁桃病巣感染症)が関係していたと思われます。

 

「扁桃」への施術と「腱鞘炎」に効果を発揮するツボが功を奏し、以前と同じように動かせるようになりした。

 

また、自宅でのお灸(透熱灸)を頑張った成果だと思います。

 

 

※施術の効果は、個人差があります。

プロフィール

岡田匡史(おかだまさし)
1978年生まれ
経歴

1日400人以上来院する整形外科・都内の鍼灸整骨院で鍼灸の施術とリハビリを担当する。

取得国家資格

・はり師
・きゅう師
・あん摩マッサージ指圧師
・柔道整復師

所在地

おかだ鍼灸院
住所
埼玉県幸手市中4−18−16
 
駐車場有り
①・②に2台駐車できます
パーキング荒宿