埼玉県久喜市・幸手市で鍼灸院をお探しの方

自律神経失調症専門おかだ鍼灸院 

                  久喜駅から車で15分・幸手駅から徒歩15分

受付対応
8:00~18:00 土曜12:00迄
営業時間
平 日 午前 8:30~12:00
    午後 2:00~ 6:00
土曜日 午前 8:30~12:00
定休日
土曜日午後・日曜日・祝日

完全予約制の鍼灸院 

新規の方は、限定1日3名迄

0480-53-3671
鍼灸師のひとり言

東洋医学で考える『脾』の働き

脾臓に対する西洋医学と東洋医学の考え方の違いを知っていますか?

あなたは、西洋医学で考えられる脾臓の働きを知っていますか?

 

生まれる前の赤ちゃんでは、脾臓で赤血球が作られます。また、古くなった赤血球を壊して鉄を回収したり、免疫・血液の貯蔵などの働きもあります。

 

しかし、東洋医学で考える「脾」の働きは、異なります。

 

主に脾が胃を働かせて食べたものを消化・吸収する働きがあると考えます。消化・吸収された物を「後天の精」と呼び、ここから「気」・「血」・「津液」と呼ばれる物が作られます。

 

これらは、「脾」から「肺」へ送られて全身にすみずみまで送らると考えます。不思議ですね?脾が胃を働かせたり・栄養が肺へ送られるという考え方。

 

その他にも、血液が血管から漏れないようにする働き、全身に栄養を与えるなどの働きもあります。

 

もしあなたが、腹痛・下痢があったり、身体がやせ細って元気がなかったり、関節が腫れたり、出血しやすい(鼻血・血便・血尿・不正出血)なども、東洋医学で考えられる脾の働きが弱っているのかも知れませんね。

 

自分でお臍のあたりを軽く押して痛みがあるならば、脾の働きが弱っている可能性があります。

プロフィール

岡田匡史(おかだまさし)
1978年生まれ
経歴

1日400人以上来院する整形外科・都内の鍼灸整骨院で鍼灸の施術とリハビリを担当する。

取得国家資格

・はり師
・きゅう師
・あん摩マッサージ指圧師
・柔道整復師