埼玉県幸手市・久喜市で鍼灸院をお探しの方

自律神経失調症専門おかだ鍼灸院 

                  幸手駅から徒歩15分・久喜駅から車で15分

受付対応
8:00~18:00 土曜12:00迄
営業時間
平 日 午前 8:30~12:00
    午後 2:00~ 6:00
土曜日 午前 8:30~12:00
定休日
土曜日午後・日曜日・祝日

完全予約制の鍼灸院 

新規の方は、限定1日3名まで

0480-53-3671
鍼灸一筋の独り言

不妊の原因?!瘀血(おけつ)を作る食べ物

【筆者】岡田 匡史(鍼灸師)

不妊と瘀血の関係

不妊と瘀血(おけつ)

改訂日)令和3年3月22日

 

不妊でお悩みの方は、何となく「体を冷やしては駄目」・「冷え性(症)は良くない」と知っていますよね。

 

しかし、

なぜ、冷え性(症)が良くないのでしょうか?

 

それは、冷え性(症)があるという事は、「血行」が悪いという事です。

 

私たちの体は、脳にある「視床下部」や「下垂体」と呼ばれる所からホルモンが、血液中分泌されます。

 

しかし、

血行が悪いとホルモンが十分に行きわたらないので、「卵巣」や「子宮」の機能に悪影響を及ぼします。

 

その為、体を冷やしたり・冷たい飲み物や食べ物は、妊娠を希望している方にとって良くないのです。

 

そして、冷え性(症)の原因の1つに「瘀血(おけつ)」と呼ばれるものがあります。

 

簡単にお伝えすると、血液がドロドロ(毒素)して流れが悪くなっていると考えて下さい。

 

この瘀血があると全身の血流も悪くなり、「子宮」や「卵巣」にも悪影響を及ぼし不妊につながると考えられています。

【参考】

瘀血は病理産物であり、致病要素ともなる。寒・熱・虚・実・外傷などはどれも瘀血の原因となり、衝脈・任脈・胞宮・胞脈を瘀滞して不通なると妊娠できない。<引用:中医婦人科学(源草社)>

瘀血(おけつ)を助長させる食べ物

甘い物は、瘀血(おけつ)を助長

瘀血が出来る原因は、いろいろありますが、その一つに「食べ物」があります。

 

その瘀血(おけつ)を助長させる食べ物に、「甘い物」があります。

 

1)砂糖 2)チョコレート 3)ケーキ 4)ココア 5)まんじゅう 6)アイスクリーム などです。

 

「蜂蜜(はちみつ)や黒砂糖は、大丈夫でしょ?」と思われる方もいますが、これらも瘀血を助長させます。

辛い物は、瘀血(おけつ)を助長

次に、「辛味」です。

1)唐辛子 2)キムチ 3)明太子 4)カレー 5)カラシ 6)ワサビ などです。

 

テレビで、辛いラーメン屋にはまっている女性を見た事がありますが、食べ過ぎにご注意を・・。

 

その他、瘀血(おけつ)を助長させる食べ物を列挙すると、

もち米:赤飯、おこわ、かきもち、

甲殻類:エビ、カニ、ホタテ貝

魚卵類:イクラ、カズノコ、たらこ

山菜類:タケノコ、たらこの芽

乳脂肪類:チーズ、生クリーム、バター

その他:ナッツ類、アルコール類、肉の過食

などがあります。

 

瘀血(おけつ)がある方は、上記にあたる食べ物を食べ過ぎないようにご注意ください。

【参考図書】

  • 漢方薬膳学(万来舎)

プロフィール

岡田匡史(おかだまさし)
1978年生まれ
経歴

1日400人以上来院する整形外科・都内の鍼灸整骨院で鍼灸の施術とリハビリを担当する。

取得国家資格

・はり師
・きゅう師
・あん摩マッサージ指圧師
・柔道整復師