埼玉県幸手市・久喜市で鍼灸院をお探しの方

自律神経失調症専門おかだ鍼灸院 

                  幸手駅から徒歩15分・久喜駅から車で15分

受付対応
8:00~18:00 土曜12:00迄
営業時間
平 日 午前 8:30~12:00
    午後 2:00~ 6:00
土曜日 午前 8:30~12:00
定休日
土曜日午後・日曜日・祝日

完全予約制の鍼灸院 

新規の方は、限定1日3名まで

0480-53-3671
鍼灸一筋のひとり言

照海(ツボ)のご紹介

【筆者】岡田 匡史(鍼灸師)

照海(ツボ)の効能と解説

更新日)令和4年2月8日

効能
  1. 喉の腫れを鎮める
  2. 耳鳴りの改善・緩和
  3. 更年期障害の改善・緩和
  4. 副腎疲労の改善・緩和
  5. その他(腎臓の病・足の冷え・婦人科疾患など)
解説
照海は喉の腫れを鎮める

照海は、足の少陰腎経(しょういんじんけい)と呼ばれる経絡上(気血の流れる道)にあり、「ツボ」と「腎」はつながっています。

 

このツボを刺激(鍼・灸)すると気血の流れが良くなり、弱っていた『腎』に活力を与えます。

 

そうすると、腎は水の性質なので、火(炎症)を消す働きが強化されます。

 

これらの理由から、喉の腫れ(炎症)を鎮める事ができます。

 

私(鍼灸師)も喉に違和感がある時は、ここへ鍼やお灸をして風邪を引かないように予防をしています。

照海は耳鳴りを改善させる

東洋医学では、「腎は耳と二陰に開竅(かいきょう)する」と言われ、腎と耳には深い関係があります。

 

その為、腎のコンデションは、耳に影響します。

 

腎の不調(腎虚)から「耳鳴り」が起きている方は、腎とつながっている「照海」を使うと改善する事があります。

 

以前、メニエール病と診断され「耳鳴り」・「難聴」・「耳閉塞」で来られた方にこのツボを使ったところ、良くなった事がありました。

照海は更年期障害を改善させる

更年期では、卵巣機能が低下し「女性ホルモン」の分泌が減少します。その結果、自律神経の乱れにもつなり様々な不調を起こします。

 

しかし、腎臓の上に乗っている副腎からも「女性ホルモン」が分泌されるので、副腎を活性化すると更年期障害の改善につながります。

 

その為、腎とつながっている「照海」を使います。

照海は副腎疲労を改善させる

副腎は、腎臓の上にのっている「小さな臓器」で人が生きる為に必要なホルモンを分泌しています。

 

この副腎に疲労が起きると、「ストレス」に対処できなくなり様々な不調が起こります。

 

この副腎と関係なある臓器は、五臓六腑の中の「腎」です。

 

その為、腎とつながっている「照海」を刺激(はり・灸)する事により気血の流れが良くなり、副腎疲労の回復につながります。

ツボ(照海)の見つけ方

ツボ名:照海

照海は、内果の下1寸にあるツボです。

 

一番高くなっている内くるぶしに親指を当て、その下にツボを取ります。

 

ここに「透熱灸」または「台座灸」を行うと良いでしょう。

【参考文献】

  • 図解鍼灸実用経穴学(医道の日本社)
  • 鍼灸治療基礎学(医道の日本社)
  • 超旋刺と臨床のツボ(医道の日本社)
  • 鍼灸臨床 新治療法の探求(医道の日本社)

プロフィール

岡田匡史(おかだまさし)
1978年生まれ
経歴

1日400人以上来院する整形外科・都内の鍼灸整骨院で鍼灸の施術とリハビリを担当する。

取得国家資格

・はり師
・きゅう師
・あん摩マッサージ指圧師
・柔道整復師