埼玉県久喜市・白岡市・幸手市で鍼灸院をお探しの方
更年期・めまい・頭痛・不妊

自律神経失調症専門おかだ鍼灸院

     久喜駅から車で15分 ・新白岡駅から車で20分 ・幸手駅から徒歩15分 

受付対応
8:00~18:00 土曜12:00迄
営業時間
平 日 午前 8:30~12:30
    午後 2:00~ 6:30
土曜日 午前 8:30~13:00
定休日
土曜日午後・日曜日・祝日

完全予約制の鍼灸院 

新規の方は、限定1日3名迄

0480-53-3671
NO84:鍼灸一筋のひとり言

骨粗鬆症で「寝たきり・円背」になる?

更新日)平成30年1月19日

 

先日、年配(80代)の女性の方に「腰が曲がらない方法ってあるの?」と質問を受けました。

 

あなたは、なぜ年を取ると腰が曲がってくるのかわかりますか?

 

「姿勢が悪いだけなんじゃないの?」・「年齢と共に筋力が弱くなってきたから?」と思うかも知れません。

 

確かに、そのような場合もあるでしょう。

 

それ以外にも、加齢によって腰の疾患(脊柱管狭窄症)によって、腰を伸ばせないで歩いている方もいます。

 

また、あなたも聞いた事があると思いますが、「骨粗鬆症」の影響の場合もあります。

 

ここでは、「骨粗鬆症」についてお伝えしたいと思います。

 

ところで、骨粗鬆症という疾患は、どのような状態になっているのか知っていますか?

 

骨粗鬆症は、骨の強度が低下して骨折しやすい状態になる疾患です。例えていうなら、軽石のようにスカスカした状態になっています。

 

特に女性の場合は、閉経をすると急激に骨が脆くなってきます。なぜ、骨が脆くなってくるのかというと、「女性ホルモン(エストロゲン)」の分泌が低下するからです。

 

まず、あなたが知らなければならないのは、

あなたの骨は、いつも新しい骨に作りなおされている事です。

 

【骨を壊す細胞】【新しい骨を作る細胞】があります。女性ホルモンは、【骨を壊す細胞】が働き過ぎないように抑える働きがあります。

 

しかし、女性ホルモン(エストロゲン)が分泌されなくなると、【骨を壊す細胞】の働きが活発になり、骨がスカスカになってくるのです。

 

その為、女性の方が「骨粗鬆症」になりやすいのです。

 

太ももの骨(大腿骨)の骨密度を測定すると、

60~69歳で10%以上が、70~79歳で約30%が、80歳を超えると50%以上の方が骨粗鬆症になっています。

 

このように、段々と増えて行く骨粗鬆症ですが、なってしまうとなぜ良くないのでしょうか?

 

まず、歳を取ると筋力も低下し、バランス感覚や視覚も悪くなってきますよね。

そうすると、ちょっとの段差でも足が上がっていなかったり・見えなかったりしてつまづく事があります。

 

つまづくだけで済むなら良いのですが、転倒してしまうと「骨粗鬆症」のある高齢者では、簡単に骨折をしてしまいます。

 

特に、股関節付近の「大腿骨頸部骨折」を起こしてしまうと、歩けなくなり「寝たきり」になる事があります。

 

寝たきりになると、更に筋力低下が起こるし・気分はうつ気味になり・心肺機能も衰えて死亡率が上昇すると言われています。

 

その他、腰や背中の「骨」も徐々に潰れていき、「円背」や「亀背」と呼ばれる背骨の変形も起こります。

 

冒頭でお伝えした80代の女性は、この背骨の変形によって曲がってしまった事をに悩んでいたんですね。

 

「何とか、曲がってしまった背骨を体操やストレッチをして治らないかな?」「背中が曲がらな方法ってあるのかな?」と思って聞いたようでした。

 

残念ながら、骨が変形して曲がってしまったものは治りません。

 

しかし、「これ以上悪くならないように予防をしたり」・「若い方であれば、将来なるべく骨が曲がらないように予防をする事が出来る」と思います。

 

どのように予防をすれば良いのかというと、「骨粗鬆症」を予防する事です。

 

骨粗鬆症を予防するには、

まず、「運動」が大切です。何故なら、「骨」に負荷がかかると、骨が丈夫になるからです。

一日に30分程度のウォーキングとストレッチをする事を目標としましょう。

 

次に、食べ物です。

カルシウムの摂取は、骨粗鬆症の予防に不可欠です。

 

カルシウムを多く含む食品には、

①牛乳・乳製品 ②豆類 ③野菜類 ④魚介・海藻類 があります。

 

そして、カルシウムの吸収を促す食品も大切です。

ビタミンD(キクラゲ・サケ・干しシイタケ・日光浴)

ビタミンK(納豆・ブロッコリー)

マグネシウム(海藻・ナッツ・豆類)などがあります。

 

以上が、「カルシウムを多く含む食品」と「カルシウムの吸収を促す食品」についてでした。

 

また、食べ物には、控えるべき食品もあります。

例えば、リンを多く含む食品です。インスタント食品・加工食品・清涼飲料水には、リンが多く含みカルシウムの排泄を促します。

 

ナトリウムの取り過ぎも、カルシウムの排泄を促します。理想的な食塩摂取量は、一日6~8gと言われています。しかし、日本では、一人当たりの摂取量が平均11~13gとオーバーしています。

 

最後に、アルコールやカフェインもカルシウムの排泄を促すので、取り過ぎに注意が必要です。

 

将来、あなたも「骨折」・「寝たきり」・「円背、亀背」にならないように、若い時から「運動」や「食事」に気をつけていきましょう!

 

 

 

参考図書)病気が見える3(糖尿病・代謝・内分泌)・・・メディカルメディア

おかだ鍼灸院は、完全予約制です!

《予約について》
おかだ鍼灸院では、施術の質を落とさない為に新規の方は、一日限定3名になります。
また、一日に診られる患者さまには、限りがあります。早めにご連絡ください。

《ご予約方法》
担当者が「おかだ鍼灸院・おかだ接骨院です」と電話にでます。
そうしましたら、
予約を取りたいのですが」、とおっしゃって下さい。

 

0480-53-3671
受付対応

平日8:00~18:00迄(土曜日12:00迄)

上記の時間帯で、電話予約の受付対応をしております。

 営業時間
【平日】 
 8:30~12:30 
14:00~18:30

【土曜日】 
8:30~13:00
 
休診日

土曜日午後・日曜日・祝日

初めての方は、
こちらをご覧ください!

プロフィール

岡田匡史(おかだまさし)
1978年生まれ
経歴

1日400人以上来院する整形外科・都内の鍼灸整骨院で鍼灸の施術とリハビリを担当する。

アクセス

0480-53-3671
おかだ鍼灸院のご案内

埼玉県久喜市・白岡市・幸手市で鍼灸院をお探しの方へ!

住所
埼玉県幸手市中4−18−16
幸手駅より徒歩 早歩き10分
       ゆっくり15分
近隣からのアクセス時間
久喜市(駅)から車で15分
新白岡(駅)から車で20分
電話による受付対応
平日8:00~18:00迄
   ※土曜日12:00迄  
営業時間
【平日】
午前 8:30~12:30
午後14:00~18:30
【土曜】
午前 8:30~13:00
定休日
土曜日午後・日曜日・祝日
 
専用駐車場2台有り
①・②に駐車できます