埼玉県久喜市・白岡市・幸手市で鍼灸院をお探しの方
更年期・めまい・頭痛・不妊

自律神経失調症専門おかだ鍼灸院

     久喜駅から車で15分 ・新白岡駅から車で20分 ・幸手駅から徒歩15分 

受付時間
8:00~18:00 土曜12:00迄
診療時間
平 日 午前 8:30~12:30
    午後 2:00~ 6:30
土曜日 午前 8:30~13:00
定休日
土曜日午後・日曜日・祝日

完全予約制の鍼灸院 

新規の方は、限定1日3名迄

0480-53-3671
NO86:鍼灸一筋のひとり言

抗うつ薬(SSRI)の副作用でお腹のトラブルが起きる?

更新日)平成30年2月2日

 

ときどき、抗うつ薬(SSRI)を服用している方の中に、下痢を訴える方がいます。

 

おかだ鍼灸院は、自律神経失調症の方を多く診ていますので、患者さんもお腹のトラブルが自律神経の乱れの一つの症状と思って来院する事があります。

 

患者さんの話を良く聞いてみると、抗うつ薬(SSRI)を服用してから症状が発症した事がわかりました。

 

実は、抗うつ薬(SSRI)の副作用に消化器症状(吐き気・食欲不振・口渇・便秘・下痢など)があります。

 

なぜ、このような消化器症状が現れるかというと、抗うつ薬(SSRI)がどんな作用があるのかを知らなくてはなりません。

 

まず、

うつ病は、セロトニンと呼ばれる神経伝達物質と関係があります。そして、セロトニンは、精神の安定と意欲とも関係があります。

 

抗うつ薬(SSRI)は、セロトニンの再取り込みを阻害する薬です。再取り込みを阻害する事により、脳内のセロトニン量を増やし、うつ病を改善しようとする薬です。

 

このセロトニンは腸の中にもあり、気分の調節だけでなく腸管の運動にも関係するのです。

 

その為、抗うつ薬(SSRI)を服用すると、

腸管にも影響が起こり、消化器症状(吐き気・食欲不振・口渇・便秘・下痢など)の副作用が起こるのです。

 

ただ、この副作用は抗うつ薬(SSRI)を使用し始めて、10日~2週間程度で治まる事が多いと言われています。

 

薬には、必ず副作用がありますから服用するときは、処方されたお薬の説明書をしっかり読んでおきましょう。

《 ご予約方法 》
おかだ鍼灸院は、完全予約制です

《予約について》
おかだ鍼灸院では、施術の質を落とさない為に新規の方は、一日限定3名になります。
また、一日に診られる患者さまには、限りがあります。早めにご連絡ください。

《ご予約方法》
担当者が「おかだ鍼灸院・おかだ接骨院です」と電話にでます。
そうしましたら、
予約を取りたいのですが」、とおっしゃって下さい。

 

0480-53-3671
受付時間

平日8:00~18:00迄(土曜日12:00迄)

上記の時間帯が、電話予約の受付時間になります。

 診療時間 
平日 (午前) 8:30~12:30 
   (午後)14:00~18:30

土曜日(午前) 8:30~13:00
 
休診日

土曜日午後・日曜日・祝日

初めての方は、
こちらをご覧ください!

おかだ鍼灸院 
院長プロフィール

院長:岡田匡史(おかだまさし)
1978年生まれ
経歴

1日400人以上来院する整形外科・都内の鍼灸整骨院で鍼灸の施術とリハビリを担当する。

ブログ最新情報!!
久喜・幸手市の鍼灸専門院
新着情報!

アクセス

0480-53-3671
おかだ鍼灸院のご案内

埼玉県久喜市・白岡市・幸手市で鍼灸院をお探しの方へ!

住所
埼玉県幸手市中4−18−16
幸手駅より徒歩 早歩き10分
       ゆっくり15分
近隣からのアクセス時間
久喜市(駅)から車で15分
新白岡(駅)から車で20分
電話による受付時間
平日8:00~18:00迄
   ※土曜日12:00迄  
診療時間
【平日】
午前 8:30~12:30
午後14:00~18:30
【土曜】
午前 8:30~13:00
 
定休日
土曜日午後・日曜日・祝日
 
専用駐車場2台有り
①・②に駐車できます